紀州湯浅 「ギョギョッとお魚まつり」 (旧鯖っと鰺まつり) | 世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ

世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ

湯浅醤油の社長、新古敏朗が想いを綴ります。
和歌山県の情報の発信、イベント情報などの掲載


テーマ:
湯浅醤油有限会社、丸新本家の新古です。
 
2018年10月28日は、湯浅町の秋のもう一つのイベント
「ギョギョとお魚まつり」 以前は、「鯖っと鰺まつり」というまつりでした。
(湯浅町は、中紀という、紀伊半島の中間に位置する場所で、紀伊水道の南端に位置します。豊富な魚の水揚げで特にサバとアジ、そして鯛の釣りが有名な場所でした。)
 
それにちなんで、イベントを起こそうとし、「鯖っと鰺まつり」というまつりになりました。
しかし、その範囲を広くする意味も込めて「ギョギョとお魚まつり」に変更になりました。
 
今年で第16回と結構な回数になりました。
 
 
ゆるキャラもAのマークの味君 Sのマークのサバ君です。
 
朝の10;30から始まりますが、田舎は朝が早いので1時間も前から行列が始まり、
誰よりも早く行って早く帰るという習性があります。
 
image
 
image
焼き鯖、魚の炊き込みご飯、刺身、しらす丼などのイートインとテイクアウト
フリーマーケットや特産品売り場などで賑わいます。
image
 
image
 
imageimage
水揚げされた、鮮魚も売られてます。
今年は、マグロの解体もされ、マグロのブロックも販売されていました。
 
image
 
弊社も毎年出店していたのですが、ここ近年は人手不足もあり出店を残念しています。
 
これは、湯浅バーガー 湯浅醤油を使用してくれたハンバーガー
なかなか美味しく人気商品で、120食だったと思いますが、行列ソールドアウトでした。
ガソリンスタンドのオーナーが同級生のシェフを連れてきて売ってるんやと言ってました。
 
 
 
地元イベントは、やっぱりいいですね。
活気にあふれ、知り合いにたくさん出会う機会でも有り、
楽しい時間を過ごせました。
 

湯浅醤油(有) www.yuasasyouyu.co.jp

丸新本家   www.marushinhonke.com

フェイスブック www.facebook.com/yuasasoysauce








 

しょうゆ伝道師さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります