マレーシアペナンの醤油工場 | 世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ

世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ

湯浅醤油の社長、新古敏朗が想いを綴ります。
和歌山県の情報の発信、イベント情報などの掲載


テーマ:

湯浅醤油有限会社  丸新本家の新古敏朗です。

 

今年の4月25日にマレーシア ペナンの醤油会社(廣源醤油食品)さんの社長家族が

湯浅醤油有限会社に見学に来てくれました。

 

今回、ベトナムにカカオの醤油作りとニョクマム醤油の工場見学に行く予定なので

マレーシアに中抜けして訪問してきました。

ペナン島から、車で橋を渡り本当に有る、中国人系醤油会社です。

 
工場見学させていただき、この暑い平均気温30度以上で、
大豆と小麦に麹菌をつけて 日本式の醤油造りをされてます。
 
麹室が3室有り、毎日順番に仕込みをしています。
この技術は、素晴らしく日本人には無い独特の努力をされているのが分かりました。
 
 
タンク熟成でたくさん並んでます。
 
 
コンテナで輸送
 
この会社の創業者のおじいさんの写真です。なかなかイケメンで、
毎日上の写真の自転車リヤカーで販売に行っておられたそうです。
働き者で、朝早くから夜遅くまで仕事する頑張り屋さん
 
どんどん会社を大きくして、現在の地位を築いた話を伺いました。
やっぱり働く会社は、大きくなりますね。
 
この会社の従業員さんも愛想良く、スタッフも気持ちい対応をしてくれました。
 
 
 
醤油には、ラクダのマークが付いています。
 
 
www.yuasasyouyu.co.jp
www.marushinhonke.com

 

しょうゆ伝道師さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります