7月4日5日は「ふくいの小さな手作り展vol,7」フライヤーのイラスト&最近思ったこと | えかきにっき

えかきにっき

イラストレーター・ひらたゆうこ


テーマ:



梅雨に入り、お天気よくない日が続いています
九州では被害もあり、大きくならないこと願っています。

フライヤーを描かせていただいてから7回目となる
ShopGenjiroの「ふくいの小さな手作り展」
今年も金津創作の森で開催されます。

7月4日(土)、5日(日)10時~16時

アートコアミュージアム・1
ギャラリーにて。

毎回遊びに伺うと
とても素敵なイベントなのでいつか私も出れたらなと
思っています。
vol、1からフライヤーを描かせていただき
開催ごとのイラストも7枚目になりました。
当日までお部屋に貼ってもらえるようなフライヤーになるといいなと
いつもイメージをふくらませて楽しんで描いています

どこかでフライヤーを目にしたら
ぜひお手にとってもらえたら嬉しいです。

会場は緑の森の中にある美術館です。
ふくい金津創作の森HP→http://sosaku.jp/

出店者の皆さんや、詳しい内容は
主催のShopGenjiroさんHPをご覧ください→http://www.shopgenjiro.com/

フライヤー裏面↓



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近、友人に会ったり
京都まで会いに行ったりして
思ったこと・・・・

子どもの頃、よく「友達って何かな、どんな関係を
本当に友達」って言うのかなと思う時があったのですが
大人になり、色々な方と出会い
様々な繋がりの中にいても
ふと思う時があるんです。
「友達ってどんな人のことをいうのかな?」と。
それで、この間
友人に会って思ったのです。
「こういう人の事を、友達っていうんだな。」って。

それで、私にとって「友達」について浮かぶ人は
遠い近いでなく、相談を頻繁にできなくても
すぐ会えなくても
私がいい時もダメな時も、すごく静かに当たり前のように
そばにいてくれた人達のことだと思うのでした。

同級生だったり、大人になってから出会ったり。

大変な時、つらい時
何もしてあげれないんだけど
その人が今日も色々な気持ちとたたかって歩いていることを
知っている、思っている。
お互いに自分の足で歩む全てを、信頼している。

そういう存在のことを、私にとっては
友達っていうんだなと思いました。

様々な人間関係の中で
友達というのは・・・
上からでも下からでもなく
本当の言葉で話してくれる人のこと。
なのかな、と。

子どもの頃なりの「友達」の解釈があったように
人それぞれに捉え方が違うように
大人になりふと考えたら
こんな答えが自分の中にあることに気が付いたので
ちよっと書いてみました



↑この太陽の大きな絵、まだ完成していないのですが少し進みました・・・
今は、お待ちいただいているご依頼の絵を制作中です。
手作り絵本も1作品を選び、とても素敵な会社を紹介していただき
製本をお願いしているところです
また詳しくお知らせします

クリエーターEXPOまで、あと少し。がんばります!

第4回クリエータEXPOサイト→http://www.creator-expo.jp/








ひらたゆうこ@えかきにっきさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス