インフルに免活

テーマ:
今週の名古屋講座は息子がインフルA型に罹り参加を断念しました。

更に妻も敢えなく伝染してしまい、年末に脳梗塞で倒れたばあばに食事の用意をしてもらっている状況です。

幼稚園は園自体が閉鎖になる程感染者が多いようです。

パンデミックですね。

そして情けない事ですが、最近の修練不足への鞭とばかりに私もうつりました。

仕事の都合で平日は離れて暮らしているのですが、月曜日に妻もインフルになったという連絡を受け、私も寒気が酷くなり熱が出てきたため、病院に行ったところ見事にA型でした。

6年前に息子が生まれる前にもインフルになった事がありますが、診断が出てタミフルを貰ったものの、一切飲まずに修練だけで治りました。

今回も修練だけで治すつもりで、タミフルじゃ無い薬を薬局でもらって、そのままポイするつもりでした。

しかしここで飲めと言われて、拒否したものの、「帰って飲んだら絶対失敗する」と大門未知子の逆バージョンみたいな事を自信満々で言われて、泣く泣く飲まされました。

説明しづらいんですが、錠剤とか顆粒タイプの薬ではなくて、シュッてやるタイプでした。

なんだそりゃと言われそうですが、そうとしか説明ができません。


インフルなんで熱はかなり高くなりました。

関節が痛くなるのですが、肩が痛くて寝るのも辛いくらいでした。

2日目が一番酷かったですね。


辛い状況の中で、寝ながら免疫力活性適正化手当法を何回もやって、肩の痛みは翌日には無くなりました。

身体の免疫機能がインフルエンザウィルスをやっつける時に出るサイトカインという物質の過剰な分泌をおさえるために、一緒に生成されるプロスタグランジンという物質で、このプロスタグランジンが、全身に痛みを感じさせる原因となっているそうですね。

免活をやると痛みが若干和らいでいました。


熱も下がって今は平熱ですが、喉が痛く咳があります。

更にお腹の調子が悪くて下痢です。

会社の規定でインフルになると診断書を貰って5日は休まないといけないので、昨日名古屋に戻りました。

さすがに今週は沢山修練しています。

1日4時間以上はやってますが、日頃からやっていればこんな事にはならなかったのにと非常に反省しています。


ちなみに家に戻ったら2人とも全く修練していませんでした。

さすがにインフルを修練で治すという頭がないので仕方ないとは思いますが、私が隣でやるようにしています。

この時期は特に増やした方が良いんでしょうね。

まだB型に感染する可能性があるので、免活を毎日2回やって乗り切りたいです。