豊後の南画家・帆足杏雨の生家 | UAG美術家研究所・碧子

UAG美術家研究所・碧子

湯上がり秘書・碧子のお仕事と写真日記


テーマ:
{6D3456F7-AD25-4541-A7F6-FEEB5DA28CF7}

南画家の田能村竹田は、郷里の竹田村(現竹田市)を出て京都方面に東遊する際、きまって戸次(現大分市戸次)の帆足家に立ち寄ったといいます。帆足家は領内有数の豪農で、酒造業も営んでいました。のちに竹田に師事し高弟となる帆足杏雨の生家でもあります。帆足家は、現在でも帆足家本家「富春館」として保存されています。

碧子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ