UAG美術家研究所・碧子

UAG美術家研究所・碧子

湯上がり秘書・碧子のお仕事と写真日記


テーマ:
{6D3456F7-AD25-4541-A7F6-FEEB5DA28CF7}

南画家の田能村竹田は、郷里の竹田村(現竹田市)を出て京都方面に東遊する際、きまって戸次(現大分市戸次)の帆足家に立ち寄ったといいます。帆足家は領内有数の豪農で、酒造業も営んでいました。のちに竹田に師事し高弟となる帆足杏雨の生家でもあります。帆足家は、現在でも帆足家本家「富春館」として保存されています。

テーマ:

オランダ東インド政庁の商館付医師として長崎出島に赴任したシーボルト(1796-1866)の記念館には、当時「出島出入絵師」の権利を得て出島に出入していた町絵師・川原慶賀がシーボルトのお抱え絵師として描いた風俗画や写生画などが展示されています。

テーマ:
彫刻の名手と謳われた「左甚五郎」は、
実在したかどうか不明の彫刻家です。

でも、甚五郎作と伝えられる名品は
各地に残ってるんですよね。

飛騨ゆかりの人だともいわれていて、

左ききだったから「左」だとも、
飛騨の人だから「左」だともいわれています。

飛騨国分寺には左甚五郎の碑があるし、
なんたって高山名物に甚五郎らーめんがあるのですよ。



テーマ:
どうしたことか、こんなところに梶井基次郎の碑が。

立地場所としては、なかなかいい感じ。

見晴らしがよくて、
古い街並みが見下せて、
風遠しがよくて、
遠くで子供たちが遊ぶ声が聞こえる。

ストレスとは無縁の場所。

でも、碑の上に檸檬を乗せて逃走したくなりました。



テーマ:
少しだけ煙が出ているところを見ると、
これから本格的に燃え出しそう。

こんな感じの焚火だと、
焼き芋を入れるのをためらってしまいます。

百歩譲って焼き芋を入れるとしても、
アルミ箔に包んじゃダメでしょうね。
ごく自然に火の中に放り込まなきゃ。

食べる時もバターやマーガリンをつけちゃダメ。
はちみつやシナモンもダメ。
とにかくダメよダメダメ。

と、かってに思うのでした。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス