本田健さんの

『ユダヤ人大富豪』を読んだのは

もう20年前くらいになるかな?

 

 

 

 

 

 

『好きなことをやって自由に生きる』

というそんな生き方があるんだ!

と、私に夢を与えてくれた本田健さん。

もう誰もが知る、

大ベストセラー作家さんですよね。

 

 

 

 

 

 

その本田健さんが、

この一連の世界情勢の予測について、

YOUTUBEに数回にわたって

動画をあげているのをご存知ですか?

 

 

 

 

 

 

繊細な話なので見て不安や恐怖を

感じる方、

逆に希望を持つ方色々いらっしゃる

と思います。

私は、動画を最後まで見てどちらにしても

世界は良い方向に向かうだけなんだなと思いました。

そして、本田健さんの愛いっぱいの

言葉に胸が熱くなりました。

あの場所に動画をあげることは、

すごい覚悟が必要だと思うからです。

 

 

 

 

 

 

繊細な話でもあるためリンクは貼りません。

もし興味がある方は、

ご自分の判断で検索してご覧に

なって見てください。

本日3月22日の動画が最新動画です。

ご本人がいうには、

これから1週間くらいで

動画は削除するとおしゃってました。

すぐに、

近しい友人や家族にシェアしてください、

とのコメントと共に。

 

 

 

 

 

 

 

 

私がすごく共感したのは、

来たるときに備えて、

備蓄をしておきましょうという話です。

 

 

 

 

 

 

これから、日本でロックダウンがおきた場合

コロナの大量感染が起きる場所はふたつ。

一つは、検査をしに行った病院での接触感染、

そしてスーパーに大量に人が

殺到した時の接触感染だそうです。

 

 

 

 

 

 

それを事前に予想したときに、

早めに食料品や日用品を

備蓄しておく人が増えれば、

ロックダウンがおきたときに

スーパーに殺到する人を減らせる

=感染を少しでも防げる

ということでした。

さらに、

事前に備蓄しておく人が増えれば、

ロックダウンが始まった時

スーパーから物がなくなる

ことを少しでも遅らせることにもなり

より多くの人に物資が行き渡ることに

繋がります。

 

 

 

 

 

 

そして、備蓄している人が多ければ

スーパーで手に入れられなかった人が

周りにいたときに、譲ることができます。

 

 

 

 

 

 

もっと色々お話されていましたが、

それを聞いて、

普段あまりいろんな在庫を持たない

我が家の危機管理が足りないことを

反省し、

備蓄に向けて少しずつ準備を始めました。

 

 

 

 

 

 

日用品は、

主に洗剤系。ティッシュ系。

 

食料品は、お米、カップ麺、

レトルト食品、乾麺系、

冷凍食品。缶詰。

など日持ちのするもの。

チョコレート、ラムネ、などの

糖分をとれるもの。

 

ペットのご飯とトイレシート。

 

 

あたりかな?

電気、水道、ガスはそのまま使えることを

想定しての備蓄です。

 

 

 

 

 

 

不安や恐れにフォーカスする必要は

ないし、私はテレビは今でも

ほとんど見ないのですが。

必要な情報は、自分で取りに行って。

自分が判断して動くことが大切かなと思います。

 

 

 

 

 

 

精神的な世界と、

現実的に目の前に起きている世界と、

両方のバランスをとりながら生きることは、

やっぱりどんな時も大切。

 

 

 

 

 

 

必要だな、

と自分が思うことだけやって

おいてあとは安心していればいい♡

 

 

 

 

 

災害などは、

人間の集合意識が創り出すとも

言われています。

つまり、恐れや不安の意識が

集まることで現実を創り出す。

のであれば、

一人一人がより安心していること

が終息に向けての一歩になる♡

 

 

 

 

 

 

 

だいたい最大1ヶ月くらいを目安にすると

良いそうですよ。

『買い占め』ではなくて『備蓄』。

いざという時に、みんなが助け合うため♡

 

 

 

 

 

 

調和の世界は、

こんなところからも生まれていくのですね。

 

 

 

 

 

ブログを読んでくださっているあなたにも

シェアさせてください。

何を選択されるかはもちろんご自由です♡