信じることの難しさ

テーマ:
 
 
先週に引き続き
今週も自分と向き合っている時間が多いです
 
 
幼少期からの家庭環境から派生したもので
私の中の一番奥で深い根を張っていた
 

信じることへの恐れ
 

今はこれを癒すことに多くの意識を集中させているところです
 
 

本当に小さな澱みさえも余さず取り除こうとしてくるのは
ある種ツインレイ特有の事象なのかもしれませんが
そんなことを抜きにしても
 

自分が心から大切にしたいと思っているのに
 
彼を信じることができない矛盾というのは
 
結果的に解決しないと二人の末路は別れしかないんだと思います
 
 

私にとってこの恐れは
最後の最後に出てきたラスボス並みに根強くてめんどくさくて怖すぎる最強の相手です(笑)
 
 
けれどレイである彼と天秤にかけるまでもなく
 
私はこの恐れを癒し、クリアにすると決めました
 
 
今までずーっと深い深いところで眠っていた、というよりも
私の人格形成の基盤だと言っても過言ではないかもしれませんが
これをクリアさせるのは並大抵のことではありません
 
 
それなのにやっぱり不思議なのは
 
心底厄介だと分かっているのに自らの意思で真正面から向き合おうとしていること
 
 
だからこそ

ああ、私は本当に彼のことが大事なんだなと、

つくづく思うんです
 
 
 
 
…❀…
 
 
 
 
 
自分の気持ちに真摯に向き合い

素直に生きるということ
 
曇りもなく真正直に自分の道を歩むことで
 
自分という人間がどんどん磨かれて生き生きとし出してくる
 
 
 
これまで以上に気力と体力が向上し
 
内側から外側へ発するオーラにも変化が表れてくる
 
 
 
こんなにも自分がこの世界で生きているという実感を得たのは

正直初めての経験かもしれません
 
 
 

人への接し方が変わる
 
物事の捉え方が変わる
 
 
分離期間中の彼と連絡を再開してから
私自身が実感していることといえば
この2つ
 
 
意識してるわけではないですが
相手を包み込むような口調、対話へと変化したような気がしています
 

そして目の前で起きた事や自分の立ち位置を
しっかりと客観的な視点から把握することができる余裕が出てきています
 
 

 
 余裕




この余裕こそが

私にとっては何より自分らしくあれるバロメーターでもあります



そして

私自身の気持ちを安定させ

ネガティブな思考を排除してくれるのです




私の中の深い深い闇に手を差し伸べて

そこでずっと怯えていたもう一人の私を

本当の私を癒してあげるには

周りを分厚い雲のように覆われた恐れを払拭できるだけの余裕がなければできません





今何が起きていて

何が問題なのか


そしてその問題をクリアにするためには

何をすればいいのか

何を、否、誰を信じればいいのか




答えは


いつだって私の中にありました
 
 


…❀…
 



誰かを信じて裏切られた時

深く傷付いたその心を癒す方法が分からなくて

私は信じることをやめました



信じなければ傷付くこともない

信じなければ深く関わらずに済む

信じなければ責任さえ伴わない

信じなければ期待なんてしなくなる



信じなければ


誰かを好きになり過ぎることもない




私はただただ怖かったんです



人は簡単に人を裏切るから

大切な人と言っておきながら簡単に裏切ってしまうから

そんな深傷を負うくらいなら

誰に対しても期待しない方がいい

向けられた愛情さえも所詮消耗品だろうから

だから私からは何も求めない

だからあなたも私に期待なんてしないでほしい

その愛情を信じない私にとってはいつか重荷でしかなくなるから



※ここまで書いて思ったことですが、これまで冷めた恋愛しかしてこなかった原因も、私の中にある男性性を中和させることが困難だった原因もすべてはここに繋がるんだと会得しました




与えられる愛情だけで満足していて

与えられた愛情の分で自分の価値を測っていました



だけど

彼と逢って

このすべてが覆りました



彼から満足に得られない愛情も

目には見えない繋がりも

私を混乱させて自我の崩壊へと導いたことで

私は私を知ることになりました




信じることができなくて

愛情を与えることなどできない


信じることができなくて

大切になどできるわけがない



自分を信じることができなくて

相手を信じることなんてできるわけがない



私にはまるで自信がありませんでした

取り繕うものがなくなった私を見られることが怖かった

信じることができない私を見られることが怖かった



だけど

これも全部

彼には見てほしいと思える

知ってほしいと思える




彼は私を変えてくれた大切な人


見えなくてもずっと深く

強く感じる繋がりは

私をとことんまで信じさせてくれています



ありがとう


あなたに出逢えたこと

本当に感謝しています



ありがとう