遺産分割のモデルケース】

依頼者 K・Tさん(56歳男性 会社員)
長男依頼者、長女O・N(54歳主婦)、次男K・K(50会社員)の三人兄弟である。母は10年前に他界。そして父もなくなり四十九日法要も滞りなく済ませることが出来ました。しかし、父が残した遺言書には『預金1200万円は、全額N(長女)に譲る』と書いてあり、それを巡ってトラブルに。父は認知症を患っており遺言は無効だと思いますが、弁護を依頼するとおいくらかかるでしょうか。

 

《最終的には・・・》

事件は最終的に1200万円を三分割することで解決しました。

 

着手金 290,000円

報酬金 580,000円

上記消費税 69,600円

実費預り金 40,000円

合計 979,600円

 

 

不倫の慰謝料請求のモデルケース】

依頼者 T・Mさん(38歳女性 会社員)
夫との関係がギクシャクしている時期に、同僚のH・K(34歳)と不倫関係になり3年が経ちます。しかしそのことがH・Kの妻Aに発覚し、慰謝料200万円を請求されました。 弁護を依頼するとおいくらかかるでしょうか。

 

《最終的には・・・》

事件は最終的に慰謝料を100万円することで解決しました。

 

着手金 160,000円

報酬金 160,000円

上記消費税 25,600円

実費預り金 10,000円

合計 355,600円


 

交通事故の損害賠償請求】

依頼者 H・Sさん(45歳男性 自営業)
いつものように国道を車通勤してた時のことです。赤信号で停車していたら、後方からものすごい勢いで追突されました。救急車で運ばれ命に別状はありませんでしたが、左脚の骨折で手術、リハビリで半年入院する羽目に。加害者に休業損害と慰謝料を合わせて1000万円請求したいのですが、弁護を依頼するとおいくらかかるでしょうか。

 

《最終的には・・・》

事件は最終的に休業損害と慰謝料を合わせて500万円することで解決しました。

 

着手金 590,000円

報酬金 680,000円

上記消費税 101,600円

実費預り金 70,000円

合計 1,441,600円

 

 

 

※これらはあくまでもモデルケースです

※詳しくはお電話、メールにてお問い合わせください

※見積書もお出ししております

 

 

電話番号はこちら

011-376-5715

 

メールでのお問い合わせはこちら(メールフォームが立ち上がります)

https://ssl.form-mailer.jp/fms/f6745d21580342