ママは苦労するべき運動反対~働くママはロボットではありません~ | ゆうなぎの育児雑記(仮)

ゆうなぎの育児雑記(仮)

はてなブログもよろしくですhttp://yu-nagi315.hatenablog.com/
長女2歳、長男0歳。AC。子育てしながら自分を癒す。良妻賢母やらない。”母との関係”って目に見えないハンデ。


テーマ:



ありがたいことに、保育園受かりました。

春から働けます。

 

いろいろ書類が届いたので目を通して改めて気づいたんですが、

保育の基準って働く時間で決まっているんですね。

 

 

これって、

「家計のために働かなきゃならないけど、

家のこと子供のこともおろそかにしたくないし、ゆとりをもって短時間で働きたい」

って人は保活に不利ってことですか?

 

あとで子育てサロンの保健師さんに確認しても、

「収入でみてるわけじゃないんだ。勤務時間のほうが線が引きやすいから」

って言ってたけど・・びっくり

 

 

働き方選べないってきつくないですか。

 

私も保育の基準勤務時間ぎりぎりおさまるくらいで働く予定だけど…

 

 

もしかして、保育園に入れるならフルタイム勤務が基本だよって雰囲気?

 

 

しんどーーーゲッソリ

 

ほかの自治体知らないし知識もないためこの件についてあまり多くは語れませんので

ここまでにします。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

それにしても。

 

簡単に、

家事育児・仕事の両立!

ママも働く!女性活躍!

 

…なんて国や社会は推進してるけど、

ママだって心と体をもった人間であって、ロボットではないからね?

 

「うまく両立しながら働きなさい」

ってプログラミングされても誤作動なく動けはしませんよ~。人間だもの。

(少なくとも私は真顔笑)

 

 

心も体も、調子に波もあるし、

疲れるし落ち込むしイライラするしってこともいっぱいあって、

それでもなんとかやっている人がほとんどなんじゃないでしょうか。

(私も第二子出産までの数か月間ワーママ経験。ほんとワーキングマザーこなしてる人すごいと思った)

 

 

 

私が個人的に残念だなと思うのは、

男の人だけではなくて女の人も、働くママに対してシビアな考えを持っている人がわりと多いこと。

 

 

「体には気を付けるんだよ」

と私をいたわる祖母の言葉も、

「女は家事に育児に仕事にと馬車馬のように働くのだから」

というようなニュアンスの言葉へと続きます。(私のひねくれた受け取り方が若干入っているのも自覚笑い泣き

 

そしてさらに、

「女はそうするのがあたりまえ」

…と続くのだからびっくりですポーン

 

 

う~~ん…チーン

 

 

 

「大変」とか「つかれた」とか「しんどい」

ってネガティブ言葉には、

 

「もっと大変な人もいる」

 

「疲れてるけどみんな頑張ってる!」

 

「しんどくてあたりまえ!!」

 

…と返ってくるのだからもう息(生き)苦しくてたまりません。

 

 

「さあ!みんなで苦労しよう!!あなたも苦労するママの世界へようこそ!」

キャンペーンもう終わりにしませんか…。

 

私は抜けたいです。その世界から一刻も早く……

手抜きしたって完全にラクにはならないのだから、気持ちだけでもみんなでもっとラクにし合いませんか…

 

世の女性、ママ、もっとらく~~~に生きていいと思うよ…私は。

(もちろん男性も)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ゆうなぎさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス