アダルトチルドレンのまま、育児中。

長女2歳、長男0歳。子育てしながら自分を癒す。
古きよき良妻賢母しません。多様な女性の生き方推進・応援。「母との関係」って目に見えないハンデ。


テーマ:

 



私、常々気をつけなきゃな~と

思いながらもやってしまうこと。

 

 

「なんでこの子ってこんななのムキー(イラッ)」

 

って、子供に対して思ったり、口に出してしまうこと。

 

 

 

四六時中しつこくつきまとってきたり、

 

ずーっとぐずぐず泣くのが止まらなかったり、

 

言われたって何回も危ないことをしてハラハラさせたり、

 

1から10まで食べたもの口からべーってはきだしたり、

 

食器ぶん投げたり、スープひっくりかえしたり、

 

気に入らないとすぐかんしゃく起こしたり、

 

ママが弟のお世話してると邪魔してみたり。

 

 

 

書き出すとキリがないです。

専業ママの今、24時間子供とほぼべったりですからねタラー

 

そしてどうしても、

自分の子と常に一緒にいるのは自分だけですので、

自分の子のこういったところは目につく目につくチュー

 

他の子にだって同じようにあることだってね、

自分の子には過敏なんです。

 

 

 

私、育児疲れがたまると「うちの子悪い子センサー」が作動してしまうようでガーン

 

 

ママの性格にもよるのでしょうけど、

もともとネガティブな物事に意識がいきやすいママは、

この「うちの子悪い子センサー」が作動しやすいようです(笑)

 

 

自分の子のいいところってた~くさんあるはずなのに。

 

よくないことに目がいきすぎて、自分の子を悪い子にしてしまったとき、

 

1日の終わりの寝顔を見て、

「ごめんね」って思います。

 

 

およその子っていい子に見えるときもあるかもしれないけれど、

それはその子の一部分。

 

なんだかやりにくい子に感じる子だって、

それはその子の一部分。

 

 

なるべく子供のいいところに目を向けられるようになりたいです。

ママの精神衛生上もそのほうがよさそうなので。

 

 

「ゆうなぎさんの娘ちゃんいいこね~」

って言われたら、

「いえいえそんな、大変なんですこの子、こんなで…(あーだこーだ)」

じゃなくて、

「そうなんです~。すごくいい子なんです」

って返せたらいいよね。理想だけどね。

 

やっぱり、ママに悪口言われたら子供もかわいそうだし…。

 



私がそうなんですが

お母さんに悪い子扱いされた経験が多いと、子供にも無意識にしてしまいやすいのかも。




「ママが自分の子供を肯定する心の持ちやすさ」

「ママの自己肯定感」って、

かなり関係がありそうです。





自分の子を肯定的な目で見ていった先には、

傷ついた自分の肯定感も癒される、といったことが、あるかもしれません。

もしかしたら、ね照れ



 




育児に疲れたり悩んだら、

人に相談したり、気持ちを吐き出すことは大事。

 

それに、ママだって子供だって、人間。

 

「よい」も「わるい」もどちらもあって当然なのが、人間。

 

 

「よい」しか認めない。

「わるい」はぜったいだめ。

 

それでは、ママも子供も息苦しい。

 

「うちの子悪い子センサー」が発動してしまったときは、

子供に「ごめんね」って少しおもったあと、

「でも私もお疲れ様」って思うようにして…

 

子供への過剰な罪悪感、自分を責める思考は持たない。

 

 

子供にゆったりした気持ちで向き合うというのは、

自分を大切にしたうえに存在するものかな、

と思ってますニコニコ

 

 

今日も一日お疲れさまでした音符

 

 

 

 

 

 

 





人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ゆうなぎさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。