アダルトチルドレンのまま、育児中。

長女2歳、長男0歳。子育てしながら自分を癒す。
古きよき良妻賢母しません。多様な女性の生き方推進・応援。様々な目に見えないハンデへの理解が、どんどんすすみますように。


テーマ:


 

ママが子育てしていくうえで、

 

・パパの勤務時間の長さや協力の姿勢

・実母または義母などによる援助の有無

 

などといった、目に見える環境は他者から見てわかりやすく、

また、不足であれば支援しやすい部分でもあります。

 

 

これらに対して、

意外とおろそかになりやすい、というか

そもそも目に見えないのでフォローが難しいのが

ママの精神的な問題

だと思います。

 

私個人の考えなのですが、

実はこのママの精神的な部分というのは、

子育ての中でママがいちばんしんどくなりやすいところではないかと思うんです。

 

 

昨今話題のワンオペ育児ですが、

人間関係の希薄化、

パパが仕事で多忙、

親の高齢化、地方在住、関係の問題などで親が頼れない

そんな人は珍しくなく、

多くのママたちがワンオペ育児で頑張っていることと思います。

 

そのように、環境的に満たされていない中でも、

なんとかやっていけるママと、心が折れてしまうママ。

どこに差があるかといえば、やっぱり精神的な問題に行き着く気がするんです。

 

特に私が思うのが、

ママの母親との関係です。

 

 

ママにとっての母親が、たとえ物理的な距離があっても、

安心できる、なにかあれば支えてくれると思える関係であれば、

育児の精神的辛さは少しでもやわらぐんだと思うんです。

 

それに対し、ママにとっての母親が、

安心できない、なにかあっても支えてもらえない…

というような不安定な関係性であると、

育児に行き詰ったとき心が折れやすくなるのではないでしょうか。

 

 

 

私たちは、

母との関係が安心できる、安定したものである場合と

そうでない場合とでは、

目に見える世界がとても変わって見えると思うんです。

 

 

 

かといって、

母との関係性は、そう変えられるものではありません。

 

 

ママはその精神的ハンデを背負ったまま、

やっていくしかないんです。

 

 

 

私もそのハンデを背負っています。

 

なかなか理解の得られるものではないので、

人に話してもますます傷つくこともあり、辛いところです。

 

 

今、そういった精神的ハンデで苦しんでいるママが、

この記事を読んでくれたのならば、

ひとりじゃないよ、と伝えることだけが、私にできることです。

 

 

たとえ自己満足だとしても、

母親にしてもらいたかったように、

子供を抱きしめて育てていきたい。

 

もちろん、イライラして、

子供が受け入れにくくてそうできないときも、

そんな自分を責めないで。

 

少しずつ、子育てしながら

自分を癒し育てていきましょうねニコニコハート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ゆうなぎさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。