有機の里&ぐるりごはんのブログ

有機の里&ぐるりごはんのブログ

自然食品店有機の里&オーガニックビュッフェぐるりごはん


うどんが美味しい
ぐるりごはんです!

 

オリンピック終わったら
うどん屋に業態変更しようかな🤣

 

 

さて、年末年始の営業の
お知らせです。

12/30 21:00お料理提供終了 21:30閉店
12/31~1/3休み
1/4 17:30~営業開始

よろしくお願いいたします。

 


12/4(水)ランチ残席わずか
12/5(木)ランチほぼ満席
12/6(金)ランチ空席有 ディナー残席わずか

昨年、ぐるりごはんにて全6回にわたり開催し大変好評をいただきました「油について学ぶ講座」を,


講師の地曳直子先生をお招きして本年も開催いたします。今回は特に人気のあった講座を

厳選しましたのでぜひご参加ください。

  ①2016年6月24日(金) 10:30~
 「油の基礎」...
 ・油とは ・油の種類と働きなど

 ②2016年7月15日(金) 10:30~
 「油とアレルギー」
 ・症状を悪化させる油のとり方 
 ・アレルギーのメカニズムなど


 ③2016年9月23日(金) 10:30~ 
 「油と脳」 
  ・油と脳の関係 ・認知症と油の関係 
  ・頭が良くなる油のとり方など


※各回講座終了時間は12:30ころ、その後食事タイムで自由解散 となります。

 受講料:各回4600円(税込み、ランチビュッフェ込み)
     単発の受講も可能です。
      お子様連れOKです。

会場:ぐるりごはん (所沢市美原町1-2904-2)

 お申込み:ぐるりごはんまでお願いいたします。
      TEL 04-2942-1820

【遺伝子組み換え】


商品パッケージの裏でよく見かけるこの文字を多くの方が目にしたことがあるかと思います。、


しかし、この遺伝子組み換え作物(GMO)、日本はGMO本国のアメリカに次ぐ、もしくはそれをしのぐ

ほどのGMO消費国だということはご存知ご存知でしょうか。


1996年に遺伝子組み換え作物(GMO)の栽培がアメリカで始まってから、すでに世界中のGMO

作付け面積は100倍以上になり、2014年現在で日本の面積の約2倍ほどになっています。

アメリカで栽培されているGMOの品種の割合は、トウモロコシ93%、大豆94%、綿花88%

なたね90%、甜菜90%となっており、ほとんどがGMOが占めているといえます。(2012~2014年実績)


大豆を例に出すと、日本で流通されている大豆の9割以上が輸入でまかなわれており、

そのうちの大部分がアメリカからの輸入で、日本で流通する大豆の約8割は遺伝子組み換えとなっ

ています。


GMO大豆の使い道は、遺伝子組み換えの表示義務がある豆腐や納豆、みそに使われることは

ほとんどなく(表示があると売れなくなってしまうので)、表示義務のない食用油や醤油、家畜飼料、などに使われています。GMOを食べた家畜のふんは有機肥料などにも使われます。


GMナタネやとうもろこしなども同様です。


GMOを使用した商品の表示義務も日本は大変ゆるく、「遺伝子組み換えでない」と

原材料に書かれていても、国内産でなければ実際には最大でGMOが5%混入されていること

もありますし、食用油などはGMOのたんぱく質が残っていないとの理由で表示義務がありません。

他にも表示の抜け道があり、知識がないとわからないようになっています。

加工食品や食品添加物にも多くつかわれ、日本では大変多くの遺伝子組み換え製品が

出回っており、直接的にも間接的にも遺伝子組み換え食品を口にした人はいないくらい我々

の食卓に上っているのです。


これだけ遺伝子組み換え食品が出回っているにもかかわらず、日本はまだまだ関心度が

低いです。食に対して意識の高い方は、周りにもそういう方が集まってきて、

「食に関心がある人が増えたな~」などと思うかもしれません。でもそれは錯覚です。

一歩その輪から外に出れば、現実を知らない方、知らされていない方がほとんどです。


アメリカではGMOの表示義務はありませんでしたが、今年の7月からバーモント州で

表示がはじめて始まります。これに伴い、アメリカの大手食品メーカーがGMO

原料をnon-GMOに切り替える動きがあります。

この動きが加速されれば、一時的にnonGMOの争奪戦や、すでに作付けされてしまった

GMOの行き場も心配です。


今後はみんなが正しい知識をもつことが大切と考えます。

GMOに関する書籍や情報はそこそこありますが、映像化されたものはあまり多くありません。

その数少ない映画の上映会を開催しますのでご覧いただければ幸いです。




①「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」 2013年アメリカ


 監督であり主人公のジェレミー・セイファードが、種好きな長男たちと一緒に遺伝
子組み替え 作物を知るために旅にでることに。安全性が疑わしいことがわかるにつれ、
家族のために GMOを避けるべきだという決断・実行する模様が描かれています。

GMOを題材にした映画は難しいものが多いですが、これは比較的見やすい内容です。

     

会場:ぐるりごはん
   埼玉県所沢市美原町1-2904-2

   TEL 04-2942-1820

日にち:2016年6月15日(水)
     2016年6月18日(土)

 
   いずれも10:20~12:00ころ
   (15分前に会場いたします)

料金:1200円
  
お申し込み:ぐるりごはんまで直接お願いいたします。下記もご覧ください。


6月15日(水)

https://www.facebook.com/events/1782837788612049/


6月18日(土)

https://www.facebook.com/events/264157377306418/

②「遺伝子組み換えルーレット」 2012年アメリカ


この映画を見た方の多くが「恐かった」という感想を口にします。(ホラー映画ではありません 笑)

GMOを食べ続けるとどんな健康被害がでるのか、ということにポイントをおいた映画です。

GMO=悪 ということを前提にしていますので、中には大げさすぎると感じる方もいるようですが、

これが現実です。

こちらは昨年ぐるりごはんにて昨年上映しましたので、今回は場所を飯能市に移して開催いたします。


開場:埼玉県飯能市飯能271-1

    une bagei (ウネベーグル)

     070-5360-0080


日にち 2016年7月3日(日) 17:00~

参加費 4000円(終了後の食事イベントなども込み)

定 員 12名

お申し込みはune bagelへ直接お願いいたします。詳細は下記をご覧下さい。


https://www.facebook.com/events/251106448584083/