クルールイベント「バレンタインのお菓子作り」をしました。 | 一緒建命にっき

一緒建命にっき

結城建設STAFFからのお得情報などをお届けします!

こんにちは!おにこです。

今日は赤穂本社でのクルールイベント
「バレンタインのお菓子作り」を開催しました!

メニューはこちら!
●パリ風ブラウニー
●マンディアン
●アマンドショコラ

さっそく、アマンドショコラの
アーモンドのローストからスタート!

 



アーモンドはローストしてあるものを使ってもいいのですが、
その際は、炒め過ぎないようにしてくださいとのこと。
(アーモンドが苦くなってしまうそうです)

パチパチと音がするまで炒めます。

 


あめがけにした状態で、冷まします。

次は、ブラウニーに取り掛かります。
スイートチョコとバターを湯煎します。

 


牛乳、砂糖、卵を順に加え、粉類を混ぜ合わせます。
生地を型に入れて、ナッツ類をまぶします。

 


今回は小さなショコラティエに
ナッツ類をまぶしてもらいました乙女のトキメキ

170℃~180℃で20分焼きます。

そして、ここからが本日最大の難所
「テンパリング」を教えてもらいます。

今回は、マンディアンに使うチョコレートをテンパリングします。

テンパリングとは…
チョコレートに含まれるカカオバターを分解し、
安定した細かい粒子に結晶させて、
融点を同じにするための温度調整のこと。


テンパリングを行うと、つややかで柔らかい口当たり、
なめらか口溶けのチョコレートに仕上がるそうです。

温度が上がってしまったり、下がってしまったり
するとやり直しになりますチーン

できるだけ水分(水蒸気)などが

入らないようにするのがポイント上差し

 



この作業がちょっとめんどくさいなーって時は、
サラダ油を5%混ぜてもよいそうです。

テンパリングが終わったチョコレートが乾かないうちに
カップに移します。

 

先生がクランベリーやオレンジピールなどたくさん
用意してくれていたので、たっぷりかけていきます。
ここでも小さなパティシエが大活躍ラブラブ


チョコが余ってしまったら、ラップの上にスプーンで落として
固めたら、試食用に作れちゃいますよ口笛

冷蔵庫で固めたらマンディアンの完成です。

最後にあめがけにしたアーモンドに
溶かしたチョコレートをかけていきます。

 


かけては乾かす作業を5回ほどしてから、
仕上げにココアパウダーをかけてアマンドショコラの完成です。


みんなでラッピングしましたプレゼント

 



温度管理がむずかしいのですが、
テンパリングがしっかりできていて
おいしいチョコレートになりましたチョコ

スタッフの分まで作っていただき、ありがとうございました。
皆でおいしくいただきました。デレデレ