恋-POP | 一人yuki

テーマ:

また更新が空いちゃいましたね~

夏ですね エンジョイしたいですね


この記事を書き終わるとなおさら エンジョイしたい気分になりました






友達に おかしなやつがいるんですよ。

家が金持ちなのが影響してなのか、いい奴なんですけど ぽわ~っとした男で、天然なんですね
あと、常識を知らなかったりとか

でもその ぽわぽわ感は結構女の子に受けるらしく、まぁまぁモテるんですよ。


そんなそいつが俺に相談してきて…

好きな人ができた、と
で、そいつは今まで女の子から好かれることばっかりで、自分から女の子を好きになるのが初めてだからどういうふうにアプローチすればいいのか分からない 的な話でした

別にこういうことに特別長けているわけでもない俺に相談してくるところもちょっとズレてる証拠なんですが…


で、とりあえず誰が好きなのかを教えろ って言ったら
僕も知ってる女の子だったんですよ。それもわりと近しい感じの

そうなるとこっちもちょっとエンジンかかってきて

「確かあの子ね、K-POPすげぇ好きだったよ」
「…へー …」
「…お前K-POP知らねえだろ」

とか何とかあって、俺のご指導ご鞭撻を叩きこんだあと

「だから、彼女は今韓国の歌手にはまってんだよ、東方神起とか…まぁ俺もそんな知らないけど」
「うんうん」
「だから、 俺もK-POP好きなんだ~ とか言って近づいて、今度どっか行こうみたいな感じに持ち込むしかないな」
「え~、どこ行くの?」
「そりゃ、韓国がらみのとこだろ。なんか韓国チックなとこだよ」
「なるほどね。サンキュー」


後になって、韓国チックなところの例として新大久保 などを教えておかなかったことを後悔することになるのですが…



数日後、学校でそいつに会ったら、



K-POPがらみの会話で結構親しくなって今度遊びにいくことになった

お!やるねぇ!!




みたいな会話を交わして 頑張れよ という言葉を残してその日は別れました。




で、それから1週間後の昨日、会って、「そういえばあの子と遊びにいった?」みたいなこと聞くと


「うん…まぁ行ったんだけどな…あれ、なんか微妙な感じだったよ」
「え、なんかまずいことでもあった?!」
「いや、なんかつまんなそうだった」
「え、韓国チックなとこ行ったんだろ?自然と盛り上がるだろ」
「いや、全然だった」
「え、新大久保とか行ったんだろ?」
「は?なんで新大久保?」
「…じゃあお前どこ行ったの?」
「南麻布 だったと思うけど…」
「南麻布になんかあったっけ?」

「大使館」

えーっ!?

韓国チックだけど

POPじゃねえだろ!



この恋がどうなるのか自分としても非常に楽しみです。

you-keyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス