4、5歳クラスデビュー! in FUJITEN

テーマ:
 ”SUBARU XV TRAIL JAM in FUJITEN”2012.09.29.SAT

 

台風が迫る中、お天気にも恵まれ、久々の富士山麓のふじてんリゾートに前泊して行ってきました。
日曜日のSTRIDER CUP仙台ラウンドを始め、先週末は大会のラッシュ。
我が家は大会初参加をした思い出のふじてんの大会を選びました。
今大会から4歳になったユウトは3歳クラスから4.5歳クラスでの初エントリー。
芝のゲレンデを使ってのクロスカントリーと、ダウンヒルの2種目。
結果は・・・大惨敗
予想はしていましたが、体の大きさはもちろん、キック力が全然違いました。
クロスカントリー予選では、走り出すと芝生の抵抗で予想以上に脚力が必要なようで、みるみる引き離され、4位敗退。

カメラを構えていると、走り出した瞬間エッ!って一瞬ビックリした表情をしたので、本人もレベルの差が想定外だったのかもしれません
そして戦意喪失
気分転換に、車の試乗会ブースでミニカーを頂いたり、試乗をしたり、ドックランに来ていたトイプーちゃんを触ったり、いろんな事をしましたが、ダウンヒル予選まで間に合わず。
直前まで予選を走る走らないで、パパママとユウトで大モメ
おまけにハヤトが暑さで号泣 で親も子もギリギリ。
「ムリに走らなくていいから、やる気がないならもう帰ろう 」そういうとグズグズながらも途中で辞めるのは気が引けるのか、泣き出す始末。
やっとこさ、ゲレンデを登りダウンヒルのスタートに付き走りきってきました。
結果4位。そのまま帰宅の路に。

車中、息子たちはすぐに寝てしまい、夫婦でいろいろ語って帰ってきました。
すごく、悩みました。

夕刻、到着すると少し笑顔になったユウト。
気分転換に、自転車でお母さんと二人でお友達にお土産を届けることに。
いつもはハヤトがいるので、二人で自転車にのってお出かけは初めてのこと。
お友達にお土産を届けて、町内を走り、バァバのお家に顔を出し、ぐるーっとのんびり走りました。
「一緒に自転車楽しい 楽しいね 」その日一番の笑顔。
帰宅後、何を思ったのか、急にストライダーをやりたいと言いだし、ビックリ
何も言わず見ていると、恥ずかしそうに半分ふざけながらも、足の蹴り出しを速めようと挑戦している様子。
速い選手たちを見てもっと足の回転を速めないと勝てないと思ったのでしょうか?
真相はわかりませんが(笑)
もっと早く走れるようになりたいという気持ちが伝わってきました。

まだまだ悩みの最中ですが、やっぱり試されているのは親なんだなぁと痛感
子供の気持ちに寄り添うって本当に難しいなと思いました。
息子の戦意喪失、葛藤を目の当たりにし、気持ちを受け止める余裕がいつの間にかなくなっていたのも事実。

パパと話して心がけていこうと思ったこと。(覚書として)
①お風呂で夫婦交互に息子と1対1で話す時間をできるだけ作るように工夫する。
→そういえば、息子たちをイモ洗い式で洗っていたので
②寝る前に、今日は何があったのか、どう感じたのか子供と一日を振り返る。
→ハヤトが生まれる前は毎日意識して私がやっていたのがいつの間にかやらなくなってきたので
etc....
レースも親の思いだけでなく、ユウトに大会を選ばするのもひとつかなとパパの提案に、なるほどと思いながら、もっと子供の思いに耳を傾ける努力をしたいなと思いました。
親子共に成長を求められる大会となり、悔しかったけど、これもよい経験になったら良いな。



 

 

 

 













2012.9.8.SAT 関東ランニングバイク選手権神奈川県大会 in日産スタジアム

緊張しながらも、行って参りました神奈川県大会。
夏休み明け早々風邪をこじらせ高熱を出していた為、体調はイマイチのユウト。
この日を目標に練習をしてきたので、集中力が散漫になって試走をしている姿を見て、今回はちょっと厳しいかも・・・とイヤな予感
主催の運営委員の方々の粋な計らいで設けられたスーパーボールすくいを餌に、頑張りきったらやろうね!とモチベーションを上げていきました

いつもは年齢別の戦いですが、この大会は学年別の戦い。
ユウトは、1st gradeに出場。
予選は3位までが準決勝に進めます。
集中力にかけハラハラさせるも、3位で通過 あぶなかった
やっぱり本調子でないようで、グズグズMAX。
頭がスーパーボールに行っちゃっていて、これはやらせないとダメだと判断
準決勝が始まる前にダッシュでスーパーボールをすくいに行きました(笑)
するとすっかり満足したようで、目はキラキラ やる気マンマン
エンジンがかかったようです

準決勝。2位までが決勝に進めます。
とにかくスタートを飛び出せ!とのパパのアドバイス通り、スタートダッシュを切り
見事、1位決勝
練習の成果が出て地面を蹴る力も出てきました。
いつも準決勝で敗れてきたので、準決の壁を破る目標は達成

そして迎えた決勝。
さすが決勝戦。スタンバっている選手たちのすごい緊張感がビリビリ伝わってきます
ビデオを構えながら親の方がその空気に飲まれそうでした。
決勝はコースを二周回る事になっており、スタートダッシュとスタミナさえもてば、ユウトも可能性はゼロではありません。
今までにない顔でユウトも負けじと、前傾姿勢でコースをにらんでスタートの瞬間を待ちます。
「READY! SET! GO!」
ヘアピンカーブを曲がり3位争いでママの前を駆け抜けようとした瞬間
なんと、前の子と接触をし、まさかの大転倒
すぐに助けてあげたくても、助け起こしたら棄権になるのではと必死に声をかけるしかできませんでした。
立ち上がって完走した方が良かったのですが、ダメージが大きすぎ、あえなく棄権
親も悔しいけれど、ユウトはもっと悔しかったらしくずっと泣いていました。
けれど、上位6位まで入れた為、神奈川の選抜メンバーとして次のステージの関東大会の切符を手にすることができ、次の挑戦課題を頂きました
終了後、運営委員の方から関東大会への切符として表彰状を頂き、やっと一つ練習の成果を息子に持たせることができました。
ユウトはというと、終了後、表彰台で写真撮影をしようとすると、なぜか2位でポーズ(笑)
転んだ事もVTRを見せるとまるでカーズのキングみたいだね なんて笑っていました。
後を引かないのが彼の良いところなのでしょう
パパには「キングは最後まで諦めずにゴールしたからキングなんだよ。次は転んでも負けずにゴールしようね!」と励まされていました。



とある有名選手のお母様に伺ったお話。
「ストライダーに限らず努力をすれば成果がでるんだよ。苦手な所はいっぱい努力をして、苦手な所を得意にすれば最強だね!って練習してます。」
本当にそうだなって思います。

たかがストライダーされどストライダー。
親も子も、一緒になって汗を流し悩んで語って一緒に成長できるよう頑張っていきたいです
さぁ、次の目標に向かって前進あるのみダネ!ゆうちゃん

展示会めぐり。

テーマ:
独身時代から、ちょっと変わった展示会とか美術館の企画展示とかを好んで見に行っていたのですが、子連れではなかなか足を運べないものです。
昨年は、子供たちと一緒に岡本太郎をテーマに見て回り、ユウトは大ハマり
「太郎のおじさん、太郎のおじさん!!」とずっとパンフレット見てたな。
いや~!! たのしかったなぁ
 参照:2011年blog  岡本太郎美術館 らぶ☆ピクサー&らぶ☆タロウ
でも、今年はハヤトが歩くようになり、ますます美術館系は遠のくばかり。。。

2012.7.26.THU
そんな中、パパの思い付きで、東京現代博物館で開かれている館長庵廼秀明 特撮博物館へ行くことに。

 

パパはエヴァ世代ではないので(笑)もっぱらウルトラマンや特撮物に大興奮。
ママはナウシカ大好き、エヴァもそこそこ見ているので、じっくり見たかったのですが、まー役員さんに子供ら注意されるされる
男の子の心をやっぱりくすぐるんでしょうね。細部にわたってあまりにも近距離でユウトが覗き込むものだからすぐに、STOP!STOP!
そりゃー、あんだけ貴重な物が置いてあれば子連れは神経ぴりぴりものです
肝心の巨神兵の映像もチラ見で我慢をし、子供ら連れてママは特撮ミニチュアステージでパパを待つことに

 
 
もう うっちゃうぞ~!!(笑)
 
どうやって作るんだろう??興味シンシン  
 

満足げなパパをうらやましく思いながら、帰ってまいりました(笑)
うーーーん 不発すぎる。
ナウシカ愛蔵版、実家にあるけど買っちゃおうかな、バットマンの漫画も欲しい。
やっぱり、この夏も太郎に会いに行こう