【解放の時】

前回の調停の時、

俺様が、家庭裁判所を出たのを確認して、私は調停員さんのいる部屋に呼ばれた。


取り決めになった、養育費や慰謝料の件で

慰謝料ではなく、解決金としてなら払うと言う俺様。

なので、
慰謝料ではなく、解決金として記載していると説明を受けた。


どんだけ小さい奴だ!と先生はボールペンで机を叩く。

仕返しとばかりに、

俺様が養育費などの支払いを1ヶ月遅れた時点で、一括払い、また給与の差し押さえをすると、文言を追加してやった!と先生が言っていた。



引っ越しをする費用20万円を、俺様に請求できるけどどうする?

そしたら、たぶんまた交換条件つけてくるはず、だからいらないと言った。



財産分与は現金ではなく、
自宅にある家財道具一式、私がもらったほうが得だと、先生の言葉を信じて、その条件を書き足してもらった。
(税金や、先々の母子手当関係)


俺様は、あくまで、現金の財産分与はしたくないのだ。

だから、貰える物は、全て頂くことに同意した。






そして、苗字はどうするのか?と聞かれた。


娘に、離婚の事を話した時に、

離婚をしても、パパに会いに行ける事。
そして、苗字が変わることはしないと約束した。

この2点は、娘が悲願した事。


だから、苗字は旧姓に戻さなかった。




面会は、娘が望む時、また必要時とした。







この条件で、次回の調停時、俺様が同意しサインをして


私は晴れて、俺様から解放された。








先生と別れる時



悠月さん

よく頑張った!
最初会った時は、魚の死んだような目をしてたけど、今の悠月さんの目は綺麗よ。

これは、悠月さんが勝ち取ったもの。

私は、少し知識があって、このバッジがあって、それを最大限に使って、悠月さんの背中を押しただけ。

これからは、自信を持って

娘さんと幸せを取り戻すのよ。

まだまだ人生長いんだから、やりたい事はなんでもやりなさい。

いい?

幸せになるのよ。







そう言って、

ニーと笑って、ピースをして、私を送り出してくれた。



私は、涙が止まらなかった。


久しぶりに、嬉しくて泣いた。







(*´-`)

勝手にシリーズ化して長々と書いてしまった【離婚という名の解放】ですが

たくさんの方に共感、また応援をして頂き本当にありがとうございました(*´꒳`*)

感謝申し上げます。



俺様はひどい奴でした。

本心を言えば、社会的制裁を望んでいました。

それを、弁護士先生に伝えたら

俺様が社会的制裁を受けたら、仕事が出来なくなり、養育費や慰謝料も取れなくなる。


それに、逆恨みされる可能性も高い。


だから、ぐっと堪えてお金を貰うのよ。

娘さんを育てて行く母親として、ここは利口になるのよ。

相手が鬼なら、こちらは大鬼になって
取れる物は取る!



そう言われました。




お金で解決させた事を、今も正しかったのかわかりません。

でも、そのお金のおかげで、娘と不自由のない生活を送れています。

まだ消化出来ない部分ですが、これで良かったんだと思えるようになりたいです。





これからも、また少しずつ、吐き出しながらアップしていく予定です。

今後共、どうぞ宜しくお願いします。

これから、ますます寒さが厳しくなると思いますので、どうぞ皆様、ご自愛にてお過ごしください。

悠月