【なにもしません】


俺様から

私といると不幸になるから離婚してくれ。と言われてから


私は、「あなたの事をなにもしません」と宣言した。


私が、俺様に伝えた内容。

食費は、私の給料から賄っていたので、今後、俺様の分の食費は出さない。

※なぜ、私が俺様を扶養しないといけない。怒

今日からの水光熱費は、全て、私が支払う。


事実上、夫婦破綻しているので、機能停止させ、洗濯や食事の準備、ほか諸々、俺様の身の回りの事はしません。

※私は家政婦ではありません。怒

扶養義務があるけで、お金ではなく、この家を相殺として、はっきり決まる日まで住ませて欲しい。

※アパート探し中だったので仕方ない。涙

娘に必要なお金は、今まで通り半分づつ負担する。

※当たり前だー。


俺様から離婚希望だと言われたと報告したら、先生から、こう言えと言われた条件。

本来なら、扶養義務として、生活費を入れなければいけない俺様。

だけど、今後、調停、最悪裁判になった時の事を考えると、最低限のやり取りで済ませておきたいと、先生の考え。



車で数分の場所に、俺様の実家があり、俺様を溺愛したお母様もいる。

そっちに生活の場を移して欲しかったが、それは言えなかった。


だから、家庭内別居と考える。




そして、先生から釘を刺して言われた事は、

何かあれば警察を呼ぶ。
GOサインが出るまで、弁護士先生の存在はまだ言わない。




この頃は、俺様が浮気をしているであろう、女性との写真もあったし、

あとは、その時を待つばかり。


そんな状態での家庭内別居となった。