アーユルヴェーダで考える病気の原因は、食事の摂り方にあると考えます | 幸せで満ち足り快適な生活をアーユルヴェーダで!セラピスト&講師:上野由美子

幸せで満ち足り快適な生活をアーユルヴェーダで!セラピスト&講師:上野由美子

古代インドで生まれ5000年前から受け継がれたアーユルヴェーダ。
便秘・冷え・肩こりなど食事や生活習慣のアドバイスで改善へ!
オイルマッサージ、マタニティケア、整体

● アーユルヴェーダで考える病気の原因は、食事の摂り方にあると考えます。





こんにちは。


幸せで満ち足り快適な生活をアーユルヴェーダで!
健康サポートの上野由美子です。


【病気の原因について】

現代の医学でも
食習慣が原因で発症する疾患として、
糖尿病、肥満症、高脂血症、高血圧、大腸がん
などがあげられます。


暴飲・暴食、ストレスなども関わってくると
考えられますが、


3,000年以上昔の
アーユルヴェーダの古典書には、
同じようなことが書かれています。


人々の贅沢な暮らしをして、身体が重くなっていった。

身体の重さは、疲労を
疲労は、怠惰を
怠惰は、蓄えることを
蓄えることは収集癖を
収集癖から貧欲が現れたのである。


この文章からは、
『病は、食から』ということを示しています。


食べ過ぎるのは、貧欲から。
つまり、
心の満足で決まるということになります。


満腹になっても
心が満たされていないと
もっと食べたいと、箸を持つ手が止まらなくなると
考えます。


また、
・テレビを観ながらの食事
・ダラダラとした食事
・歩きながら、立ちながらの食事


この食事の摂り方も
心を乱しやすくなります。


食事中は、
・落ち着いた気持ちで
・心を込めて
・口に食べ物を入れたら他のことはしない


よく噛んで、食し
食事に集中することで
心の満足も生まれ
消化力も高まると言えます。


そして、腹八分目や
自から体が欲する食べ物などが
見つかります。


私もやってしまうのですが、
食事をした後に
「あー。今食べたかったものは、これではなかった…」
こんな失敗をすることもあります。


病気の原因には、
食べ物そのものでなく、
食べ方にある!と考えることもできます。


毎日決まった時間に
食事を摂るように心がけ、
心を落ち着かせて
身体が欲する食事を摂るようにします。


12月は、何かと忙しくなる季節です。
1日の行動を把握して、
ストレスを溜めないようにしたいものですね。



サロンの予約状況は、こちらからご覧いただけます


アーユルヴェーダSalon&School ゆう
~女性専用サロン~
●足立区梅島3-31-4
●西新井駅より徒歩2分



【定休日】水曜日
【営業時間】10:00~21:00
最終受付18:00

クローバーアーユルヴェーダメニュー
クローバー妊活サポートメニュー
クローバーマタニティメニュー
クローバーご予約お問い合わせ
クローバーサロンの予約状況
クローバーサロンまでのアクセス

Tel:090-8432-8498
お気軽にお問い合わせください。

こちらのサロンには、足立区はもちろん、荒川区、北区、中野区、杉並区、世田谷区、品川区。
埼玉県、神奈川県、群馬県、新潟県、宮崎県、鹿児島県からもお越しいただいています。


隠れ家なような場所にあり、普段着で気軽に通えるサロンです。
そして温かい手で癒されてみませんか?