花粉症の原因の1つに"食べ過ぎ"があります。苦味や渋味の食材、スパイスを上手く活用して下さい | 女性をトータルサポート:生まれ変わカラダとアーユルヴェーダ妊娠法

女性をトータルサポート:生まれ変わカラダとアーユルヴェーダ妊娠法

古代インドで生まれ5000年前から受け継がれたアーユルヴェーダ。
便秘・冷え・肩こりなど食事や生活習慣のアドバイスで改善へ!
オイルマッサージ、マタニティケア、整体

● 花粉症の原因の1つに"食べ過ぎ"があります。苦味や渋味の食材、スパイスを上手く活用して下さい。

こんにちは。
東京西新井アーユルヴェーダサロン“ゆう”の上野由美子です。




今年は、暖冬のせいか花粉が早くも飛び始めているようですね。

既に、薬を飲み始めましたという声も届いています。


薬に頼らず、普段の生活の見直しで、改善したいと思いませんか❗️

原因は、食べ過ぎ!

もありますよ!

そこで、

アーユルヴェーダ的、花粉症対策についてお話ししますね。


寒い冬の間に外気から体温を奪われないよう油分の多い、高カロリーな食事を摂るように、消化力が1年の内、最も高いと言われます。


しかし、十分に消化されない余分な物が、体内で蓄積されます。

今までと同じ様な量を摂ると食べ過ぎになるんですね^^;


春の暖かい日差しを浴びることにより溶け出し、体内を動き回りカパのエネルギーを悪化させます。


カパの特徴といわれる、粘着性・水溶性が鼻や目の粘膜に影響を与え、
風邪や鼻水、アレルギー、喘息などの症状が出やすくなります。



身体も重く感じ、何もしたくない!ずーっと寝ていたいなど、引きこもりがちにもなります。


そうならないためにも、カパを増やさずに減らす対策が必要ですね‼️


・早起きをして、軽く身体を動かして、消化力を刺激させます。

・食事は、揚げ物やチーズ、乳製品など消化に時間のかかる物を避けます。

・腹半分から八分位の量を摂る。
暴飲暴食は、NGですよ。

・旬の野菜を摂るようにします。
ふきのとう、よもぎ、わらびなどの山菜や菜の花には、苦味や渋味があり、体内の余分な水分を排泄してくれます。

また、消化力を上げるために、生姜やわさび、山椒、コショウなどスパイスも有効的に使いたいですね。

・生活に変化をつける。
何でも新しい事にチャレンジすると、気持ちも前向きになり行動的になります。


また、この時期の昼寝は、カパを悪化させる原因になりますので、よほどの体力低下や疲労、病気の状態でない限り避けるようにして下さい。


食事には温かいもの。

そして、カパには、油の摂り過ぎはよくありません。できれば和え物や炒め物などにするほうがよいでしょう。




コーヒーやお茶も苦味としていいのかな?と思われる方がいらっしゃいますが、カフェインは身体を冷やしますので、対策のための苦味からは除外してお考えくださいね。

できれば、白湯がオススメです!

温かい白湯を飲む事で内臓が温まり消化機能がUPします。

朝一番、食事をしながら是非❗️




そして、アーユルヴェーダのアヴィヤンガで余分な物を排出させましょう!



汗と共に余分な物を排出できますよ。

理想な体型に近づけることにも…^ ^


サロンの予約状況は、こちらからご覧いただけます

アーユルヴェーダサロン ゆう
~女性専用サロン~
●足立区梅島3-31-4
●西新井駅より徒歩2分

【定休日】水曜日
【営業時間】10:00~21:00
最終受付18:00

クローバーアーユルヴェーダメニュー
クローバー妊活サポートメニュー
クローバーマタニティメニュー
クローバーご予約お問い合わせ
クローバーサロンの予約状況
クローバーサロンまでのアクセス

Tel:090-8432-8498
お気軽にお問い合わせください。

こちらのサロンには、足立区はもちろん、荒川区、北区、中野区、杉並区、世田谷区、品川区。
埼玉県、神奈川県、群馬県、新潟県、宮崎県、鹿児島県からもお越しいただいています。


隠れ家なような場所にあり、普段着で気軽に通えるサロンです。
そして温かい手で癒されてみませんか?





アーユルヴェーダにご興味をお持ちの方。こちらのサロンにて、講座も受講できます。

詳しくは、こちらをご覧ください。