花粉症に悩まされている人には、●●に気を付けて下さい。アーユルヴェーダでは、このように考えます | 女性をトータルサポート:生まれ変わカラダとアーユルヴェーダ妊娠法

女性をトータルサポート:生まれ変わカラダとアーユルヴェーダ妊娠法

古代インドで生まれ5000年前から受け継がれたアーユルヴェーダ。
便秘・冷え・肩こりなど食事や生活習慣のアドバイスで改善へ!
オイルマッサージ、マタニティケア、整体


テーマ:
● 花粉症に悩まされている人には、●●に気を付けて下さい。アーユルヴェーダでは、このように考えます。

こんにちは。
東京西新井アーユルヴェーダサロン“ゆう”の上野由美子です。



寒かった昨日の天気から、明日あたりから気温も上昇し、本格的にスギの花粉が舞い散るらしいですね。



目の痒みや鼻水などで、マスクも手放せなくなりそうです(汗

薬などで、症状を抑えることもできますが、ここでアーユルヴェーダで考える花粉症についてお話しします。

寒い冬の間に、外気から体温を奪われないように体を温めます。

そのため、油性や重性のものを食べるために消化力も上がります。

これらの食材は、カパ(水気質)のエネルギーを多く含むため、体内にカパのエネルギーが潜んでいます。

雪解けとともに、体内に溜め込んでしまったカパのエネルギーが溶け出します。

増えすぎてしまったカパのエネルギーが、体内を巡り悪さをします。

カパのエネルギー特有の粘着性と水溶性が、鼻や目の粘膜に影響を与えます。

花粉症と呼ばれる症状が出ます。また体が重く感じ、いつまでも寝ていたくなってしまいます。

このような事から、カパの性質と同じようなものを食べない、行わないことが大事です。

春には、蓄積したカパが太陽光によって液化され、消化を弱めるので、数々の病気を引き起こす。したがって、春の間には重性、酸味、高脂肪で甘味の食事や、昼寝は避けるべきである。

チャラカ・サンヒター(アーユルヴェーダの古典書)にも記載されています。

重性とは、消化に時間のかかる食材で、肉類、揚げ物、乳製品が挙げられます。

重性で酸味があり、高脂肪といえばヨーグルトが思い浮かびます。

ヨーグルトと酸味のある果物と一緒に食べると、さらに消化に時間がかかり、未消化物を作って、それが原因で、病状を悪化させる事もあります。

ラッシーのように無糖ヨーグルト1:6で水を加え、さらに岩塩やクミンパウダーを混ぜて、粒がなくなるまで撹拌したものを飲むようにして下さい。

朝、昼の食後がおススメです。

■花粉症対策■
・早起きをして、消化力を刺激するためにも白湯を飲む

・朝、熱めのシャワーを浴びる(髪の毛は、しっかり乾かす事!)

・食事は、消化に時間のかかるものは避ける。どうしても食べたい時は、消化力の高い昼の時間帯に食べる

・旬の野菜を食べる
苦味、渋味=フキノトウ、ヨモギ、菜の花など
辛味=生姜、ワサビ、山椒、コショウなど

・体力に合わせた運動をする

・生活に変化をつける。新しいものにチャレンジする

などです。

体内にカパのエネルギーが増えると体重の増加やムクミなどの症状も見られます。

体を冷やさないように冷た過ぎる飲み物を避けて、体を温めるスパイスのシナモンやターメリックなども取り入れてみませんか!

◆本当の健康を手に入れる5つのスッテプメール配信中です。

アーユルヴェーダサロン ゆう
~女性専用サロン~
●足立区梅島3-31-4
●西新井駅より徒歩2分

【定休日】水曜日
【営業時間】10:00~21:00
最終受付18:00

クローバーアーユルヴェーダメニュー
クローバーマタニティメニュー
クローバーご予約お問い合わせ
クローバーサロンの予約状況
クローバーサロンまでのアクセス

Tel:090-8432-8498
お気軽にお問い合わせください。

◆本当の健康を手に入れる5つのスッテプメール

こちらのサロンには、足立区はもちろん、荒川区、北区、中野区、杉並区、世田谷区、品川区。
埼玉県、神奈川県、群馬県、新潟県、宮崎県、鹿児島県からもお越しいただいています。


隠れ家なような場所にあり、普段着で気軽に通えるサロンです。
そして温かい手で癒されてみませんか?


アーユルヴェーダにご興味をお持ちの方。こちらのサロンにて、講座も受講できます。

詳しくは『アーユルヴェーダスクール ゆう』こちらをご覧下さい。



セラピスト:上野由美子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります