グーグルマップ改ざん事件に対する第一東京弁護士会の会長声明 | 弁護士 土谷喜輝のブログ

弁護士 土谷喜輝のブログ

平成27年度から大阪弁護士会副会長に就任することになり、会員や一般の方への情報発信のためブログを開設しました。副会長は終わりましたが、ブログは継続することにしました。
ここで書いている内容は弁護士土谷喜輝の個人的な意見です。


テーマ:
 12月1日、唐澤貴洋弁護士の所属する弁護士事務所「恒心綜合法律事務所」の名称から取ったと思われる「恒心教」などの架空名称でGoogleマップに多くの施設登録を行っていた3人が軽犯罪法違反で書類送検されました。

 これを受けて、唐澤弁護士が所属する第一東京弁護士会は、「弁護士に対するこの種の業務妨害行為は、弁護士制度に対する重大な挑戦であり、当会は断固抗議する。」との会長声明を出しました。

 唐澤弁護士は、ネット上で誹謗中傷された人の代理人として記事の削除請求などの活動を行っていた方ですが、ネット荒らしを続けていた有名な人の代理人として活動し始めたころから、唐澤弁護士自身もネット上で誹謗中傷を受けるようになったようです。

 Googleマップの書き換えやネット上の誹謗中傷の書き込みは、匿名で容易にできるため、安易な気持ちで行う人が多いようです。しかし、このような行為は立派な犯罪であり、単なる軽犯罪法違反ではなく、業務妨害罪(3年以下の懲役)で処罰されるべきです。

 ネット上で、自分が気に入らない人を弁護している弁護士に対して、誹謗中傷などの個人攻撃を行う人がいますが、このような行為が許されるのであれば、弁護士は業務を行うことができず、市民も弁護士を依頼することができなくなってしまいます。


にほんブログ村

 


弁護士 土谷喜輝さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります