くも膜下出血③【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢… | YNSA(山元式新頭針療法)による難病治療 難病改善人冨田祥史(とみたよしふみ)のぶろぐ

くも膜下出血③【大阪で鍼灸治療を受けるなら康祐堂あけぼの漢…

突然の頭痛

くも膜下出血は突然の頭痛で発症します。

この頭痛は今まで経験した中で一番痛いものです。

後頭部をハンマーで殴られたような痛みと表現する人もいます。

重症の場合は大声で叫び、倒れてそのまま呼吸が止まってしまう場合があります。こういった重症例は15%ぐらいと考えられます。

この場合、すぐにマウスツーマウスで人口呼吸をすれば意識が戻ってくる可能性がありますが、実行された例はほとんどありません。

中等症の場合は一瞬意識がなくなっても戻ってきます。
脳内出血と違い片麻痺等の脳局所症状が起こることは少なく、頭痛と嘔吐、意識障害が主な症状です。

軽症では頭痛が続き何となくおかしいという症状で、歩いて外来に来られる場合もあります。
 

どんな人が、いつ起こることが多いか

くも膜下出血の危険因子は喫煙、高血圧などがですが、高血圧の人に起こるとは限りません。

起こる時は睡眠中が10%、通常の状態が35%、排便や性交、重労働などの緊張や努力時が40%程度で、やはり力んだときに多いといえます。

くも膜下出血は全身にも影響を及ぼし、不整脈や眼の中の出血を起こします。

 

 

 

 

康祐堂あけぼの漢方鍼灸院