「これからもこの世界で」by光ちゃん(日経エンタテインメント!) | パンツをはいた猫

パンツをはいた猫

暮らしの中での色々な想いを綴ってます。

大好きな堂本光一さんを応援したり、
猫ちゃんの事などを語っています。

日経エンタテインメント!(2019.9)を読んで・・・

 

光ちゃんは基本ロマンチストだよね

さりげない言葉の端々に感じる胸キュンワード。。。

 

ジャニーさんの緊急搬送の頃は

ちょうどスケジュールが落ち着いてる時で良かった・・・

これが地方に行ってる時だったら中々帰れないものね

 

24時間ジャニーさんが独りにならないように

みんなが話し合って誰かしらが病院に来る。。。

 

病室は、稽古場というよりも合宿所のような雰囲気で

先輩・後輩の交流が広がっていって・・・

それもジャニーさんの人柄が成せる技らしい。。。

 

光ちゃんは未だに泣かないでいるのだろうか・・・

ジャニーさんの死が認められない気持ち。。。

 

認めるのが辛い、、、そして認めたくない気持ちも相まって、

死に対して心が蓋をしてしまってるような・・・

そこの感情が“無”になっちゃう感じで

涙に繋がらない。。。

 

何だかジャニーさんが側にいる感覚になる・・・

だからジャニーさんは生きているという感覚。。。

 

これからも光ちゃんはジャニーさんのエンターテイメントを超えるべく努力を重ねるんだろう。。。

 

もしかしたら「Endless SHOCK」が他にはない何かを成し遂げた時に、ジャニーさんのエンターテイメントの裾野に並ぶ事が出来るのかもしれないと勝手に考えてる。。。

 

光ちゃんの囚われてる心地よい呪縛は

ジャニーさんに頂いた羽根で

思いっきり飛び回れるように

 

ジャニーさんが考えるように、

お客様を幸せに出来るよう

 

そして光ちゃんも幸せになれるよう

導いてくれるはず。。。

ソロコンも然りだよ!光ちゃん!!