自宅の書道教室の整理を

していると

思っていたより増えていた

道具や半紙の数々。 





高校の書道部で使っていた落款印や硯は

いまだに使っているし

もちろんこれからも使います。





今の時代は、

100均に行けば手軽に書道道具が

手に入る時代。 


セラミックの硯

ナイロン製の筆

洗濯で落ちる墨汁 


これらを書道道具というのか

疑問に思いますが

現実問題、書道を習っていないお子さんは

学校で使っているようです。

 


書道の文化を

正しく引き継いでいくためにも

文字の書き方を伝えるのも大切ですが

それ以上に、 


道具を丁寧に大切に使うことを

伝えなければいけないのかもしれません。


本当に大切なこと、

一緒に伝えていきませんか。


======

現在【こども心理書道講師】を募集しています。

 

☑書道経験のある人(書道が得意、を活かしたい方)
☑書道教室をしているけどなんだかなぁと思っている方
☑子育てと仕事を両立させたい方
☑書道が得意で子どもが好きな方
 

ぜひ一度無料相談会へお越しください。

すでに教室をされている方

これから教室を開講としようと思っている方には

現状のお話をお聞かせいただき

無料アドバイスもさせていただきます。

 

 

【2020年2月・3月 無料相談会日程のお知らせ】

★2月26日(水)10時~11時30分 神戸・三宮

★2月27日(木)10時30分~12時 大阪・梅田

★3月25日(水)10時~11時30分 神戸・三宮

 

上記日程が合わない場合、

オンライン個別相談を実施しています。

オンラインZOOMを使って個別にお話をします。

 

クリックこども心理書道の先生になってみたい方はこちらをクリック