医師も読む 医師によるミラドライのブログ
  • 01Nov
    • 1パスでも十分効果的ですの画像

      1パスでも十分効果的です

      こんにちは、プレシャスクリニックの清水です。ビューホットの記事についてご批判をいただくかとばかり思っていたので、それを待ちつつ早3か月が経過しようとしてました。もうこんなに記事を更新していなかったのかとつくづく感じました。その間、美容外科学会もあって、何か言われるかと思っていたのですが、何の反応もなく、多分あの記事について反論できないのだと思います。さて、今回は当院で行っている1パス治療の結果についてお知らせします。当院では2回目以降の治療の時には”発汗テスト”なるヨードデンプン反応を利用した汗かきチェックをしています。ワキガは臭いの病気ですが、”臭い”は客観的に判断できるものではないので、当院では客観的に判断できる”あせ”を利用しています。わきは、体中で一番汗をかきやすい部位なので、汗をかいているかどうかをチェックするのです。今年に入ってから、1パス治療を行ってきましたが、再治療希望で来られる方はいなかったのです。ですが、先日、初めて再治療で来られた方がいらっしゃいました。発汗テストを行いました。青紫色に染まっているところが汗をかいているところです。これを見た多くの方が”えぇっ!これで臭うの?”と、感じると思います。通常の方はこの状態になれば、十分ご満足しているはずです。臭いについては、また別の機会にお話ししようと思っていますが、臭いは量の問題ではありません。ということで、2回目の治療を行いましたが、2回目の治療は、この汗をかいているところだけ行うので、腫れも少なく、治療後の経過も1回目に比べればはるかに楽です。当院のミラドライ治療は1パスでも十分だということをご納得いただけましたでしょうか?当院のミラドライ治療は、こんなにも効果的なのです。その秘訣は?またの機会にお話しします。

  • 29Aug
    • ミラドライとビューホットの違いについて検証④ 医学論文から検証する その2の画像

      ミラドライとビューホットの違いについて検証④ 医学論文から検証する その2

      ビューホットとミラドライ 。同じワキガ、腋窩多汗症治療器ですが中身は全くの別物今日は論文の批判になるので、今まで書きたくても書かなかった内容になります。その医学論文は前回の論文と同じ”形成外科 2016年増刊号”に掲載されている"(6)フラクショナルRF(ビューホット)ー汗腺破壊ー”です。この論文を否定する内容になるので、炎上必死ですかね!医学用語もたくさん出てきますし、難しいことをかいているので、理解しづらいと思います。ですから結論を先に言ってしまいます。”ビューホットの治療効果はありません”あ~,言っちゃった・・・・って感じですが、これが正しいことを検証していきます。①組織を採取した時期についてこの論文では、施術後18日の組織を採取して調べていますが、なぜこのような微妙な時期の組織で検討されたのでしょうか。この時期は創傷治癒過程では肉芽増殖期といって、組織を治す細胞がたくさん活動している時期です。この時期に組織が全く消滅していたら、復活(再生)はありませんが、組織が残っていたら復活(再生)してくると思います。この論文では汗の組織がたくさん残っています。②効果が出ているとされている組織を検証してみましょう形成外科 2016年増刊号、(6)フラクショナルRF(ビューホット)より引用▼で示されているところが変性をしているとありますが、どこが変性しているのでしょうか?正常な管腔組織を伴った汗腺組織があるのに、これで変性を生じているというのであれば、もっと具体的に示してほしいものです。しかも、アポクリン汗腺とありますが、私にはエクリン汗腺にしか見えません。アポクリン汗腺というためには、断頭分泌されている所見がなければならないのですが、それが見つけられません。私の見間違いかもしれませんので、これをアポクリンとしているのならば、その根拠を教えてほしいものです。私がこの組織をもとに考察すると以下のようになります。青い実線で囲んである部位に線維芽細胞が増殖していて、焼灼された後の所見がうかがえるが、それ以外の部位に変化しているところは認められず正常である。もっと簡単に言うと、下の図の赤いところに針が入って焼けたけど、それ以外のところは全く変化がないということです。針で焼いている治療なので、当然といえば当然の結果で、針が刺されたところしか焼けてなくて、その針と針の間は、全く影響が出ていない=施術効果が全くない。ということになります。この焼けたところも、3か月後には組織が修復されて、元に戻っているかもしれません。この標本の全体像を見てみないとわかりませんが、私が線維芽細胞といった所見も全く正常な所見かもしれません。でも、少なくとも、黄色い線で囲んだ組織は全く正常な組織で、治療効果は全く出ていないということはいえます。③この医学論文の、もう一つの病理組織所見も検証しましょう形成外科 2016年増刊号、(6)フラクショナルRF(ビューホット)より引用汗腺組織が多数認められています。私がこの組織の所見をかくならば、”汗腺組織が多数認められ、治療効果は認められない。”となります。でも、この論文では”基底膜の肥厚,細胞配列の乱れ,腺上皮細胞の包体の濃縮、内腔の拡大が認められる。これは、細胞変性や機能異常を意味し,その程度も強い設定ほど顕著になっている。”とあります。私にはすべて同じ組織にしか見えません。ただし、この写真でそう見えるだけで、実際にプレパラートを見てみたらこういう所見なのかもしれませんが。しかも、ここでアポクリン汗腺とあるのも、私にはどう見てもエクリン汗腺にしか見えません。断頭分泌している所見が一つもないので、少なくともアポクリン汗腺とはいえません。そして、内容物の染色具合で、薄いとか濃いとか言っていますがそもそも、内容物って染まるのでしょうか?汗腺組織の内容物って、汗、ということは水です。標本を作った時に、水は洗い流されて、無くなっているはずだし、これがピンク色に染まるのでしょうか?しかも、色の濃淡で機能の違いがあるって、どうしてわかるのでしょうか?そんなこと言えるのですか?私には、線組織が残っているのに、効果がないとは言えないために、苦し紛れに見つけたようにしか思えません。私の論文はもっと明解です。汗腺組織が完全になくなっています。これは、”ミラドライの効果について検証 病理組織編”でも検証しています。実際にも検証したいのでビューホットで効果がない方限定、治療費半額モニターを募集します。モニターご希望の方はクリニックの問い合わせよりご連絡ください。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・本当に書いてしまいました。禁断の論文批判。ついにしてしまいました。これでいいのかと思う私もいますが、どちらが正しいのか教えてほしいのもあって・・・・・・・形成外科医の皆様、反論お待ちしています。

  • 21Aug
    • ミラドライとビューホットの違いについて検証③ 医学論文から検証する その1

      ビューホットとミラドライ 。同じワキガ、腋窩多汗症治療器ですが中身は全くの別物ビューホットは昔からあるテクノロジーのフラクショナルRFミラドライ は新しいテクノロジーのマイクロ波を利用しているものですよく、同じ電磁波を利用していると、あたかも同じものと誤解するような説明がされているものもありますが、電気もテレビの電波も、X線、光、レーザーもみんな電磁波です。光と電波同じですか?とっても簡単にいってしまうと、ビューホットは電気メスミラドライ は電子レンジ両者とも光、レーザーではありません。ビューホットは電気メスと同じ原理で組織を焼くので、針を刺して電気を流します。だから、針穴ができるし、キズができます。ミラドライ は電子レンジですからキズはできません。電子レンジと同じマイクロ波が当たっているだけです。マイクロ波は我々のとっても身近に存在し、日常使っている電波、Wifiの電波と同じです。この出力がとっても強くなると電子レンジと同じで加熱できます。これ以上の解説は難しくなっていくので、皮膚に電子レンジが当たっていると思っていただいてもいいのですが。。。そんなこと危なくて想像できない・・・ですよね!ですが、電子レンジの作用の仕方・・・・表面は加熱されません。中から加熱されます。ですから、人体の表面=皮膚は熱くならずに、皮膚の下にある汗の組織だけ加熱され破壊されるのです。だから、キズはできません。これ、電子レンジで固まりの冷凍食品、例えばお好み焼きとかたい焼きとかを加熱して途中で確認できます。表面は冷たいけど、中は熱くなっているのを体験できます。ちょっと難しいことを書きすぎたかもしれないので、もっと簡単なところで比較してみましょう。治療後の毛の 脱毛効果 についてです。医学文献で検証しました。ビューホットの文献は”形成外科 2016年増刊号”に掲載されている"(6)フラクショナルRF(ビューホット)ー汗腺破壊ー”から引用しています。この論文の中で長所の一つとして”また,脱毛が生じないということも,男性患者や外陰部での使用には利点である。”とあります。私は形成外科医でしたから、わきがの手術、剪除法もたくさん行なってきました。手術はアポクリン腺の組織を削り取ってくるのですが、その時に、毛根も同じところにあるので、毛根も一緒に削り取られます。手術後の治療効果の判定の一つとして、毛の生え具合も指標になります。脱毛効果が強く認められれば確実に汗腺が切除された証明になるので、毛が生えてこなければ良い手術が行われた証明にもなるのです。ということは、あまりビューホットは効果がないということです。ミラドライ では私の経験からも減耗効果に優れているので、ミラドライ はとても効果がある。ということになります。次回は禁断の論文の間違いを解明。病理組織について検証します。

  • 07Aug
    • ミラドライとビューホットの違いについて検証②

      こんにちは、プレシャスクリニックの清水です。今回も、要望が多い、ミラドライ とビューホットについて違いを検証しましょう。仕組みについて ミラドライ は電子レンジと同じ仕組みの、マイクロ波を使っています。マイクロ波っていっても、ありふれた電波です。Wifiの電波も同じです。出力が強くなると電子レンジのように、電波が当たっているところが熱くなります。電波の性質から、水を多く含んでいるものが早く熱くなります。汗の組織は・・・・・汗は水ですよね?だから水を多く持っているのです。皮膚にマイクロ波を当てた場合、マイクロ波で熱くなって焼けるのが汗の組織なのです。だから、ミラドライ は汗の組織から焼けて、汗の組織が消滅します。しかも、電子レンジと同じなので、電波が当たっている表面は熱くなりません。試しに冷凍物を加熱してみてください。表面は冷たいのに、中が熱くなっているのを体験できます。電子レンジは中から熱くなるのです。ということは、表面は熱くならない、イコール、皮膚はやけどを起こさない→汗の組織だけ焼けるということなのです。だから、汗の治療にはもってこいの治療機なのです。 ビューホットは電気を使って焼く方法です。テクノロジーは、昔からある電気分解法です。むかし、永久脱毛の方法は、一本一本、毛穴に針を刺して毛根を焼いていたのです。電気を流して焼く方法です。わきの脱毛を行っていると、ワキガの症状が改善されてくることが経験的にわかりました。毛根と同じ位置にアポクリンが多く存在しているからです。毛根と一緒にアポクリンが焼けてしまうのです。これを、ワキガの治療だけに使うのが電気分解法といわれる方法です。一本一本刺して焼いていくのは大変です。時間も労力も必要です。これをまとめてできるようになれば・・・・・・それがビューホットです。では、どちらの方が効果的なのでしょうか?両方とも焼いて組織をこわすのですが、調理に例えて説明するとわかりやすいと思います。ビューホットは強火で焼く方法です。しかも、針を刺したところだけが焼けるイメージをつけられるでしょうか。焼きムラが生じやすいと思います。強く焼こうと思うと、火力を強くするので、やけどします。ミラドライ は、まさしく、電子レンジの調理と一緒です。中からじんわり焼けていきます。焼きムラなくキレイに焼けます。しかも、表面(皮膚)は焼けないのです。私は、レベル5という最高出力で治療していますが、どんなに念入りに照射しても、皮膚のやけどが生じたことはありません。難しいことでわかりにくかったと思いますが、ミラドライ ほどキレイに汗の組織が焼ける治療器は他にありません。

  • 29Jul
    • ミラドライとビューホットの違いについて検証①

      こんにちは、プレシャスクリニックの清水です。急に暑くなってきましたね!汗で悩む季節悩んでないで治しましょう!女性はノースリーブを着る機会が多いと思うので、この季節はノーダウンタイムのボトックスがお勧めです。昨年も行って好評でしたが、今年もボトックス、ミラドライセット治療を行う予定です。ところで、当院には、たくさん、ミラドライの治療にお越しいただいているのですが、よく質問を受けます。その中で一番多かった”ビューホット”との違いについて検証していきます。ビューホットも”わきが治療器”ですが、同じなのは”わきが治療器”ということだけで、中身も、テクノロジーも全く違うものです。一番大きく違うのがミラドライは”国内承認器”ビューホットは”未承認器”国内承認器とは日本の厚労省が認めている医療機器で、国内でデータをとって調べ、その効果が認められているということです。ビューホットは未承認器なので、効果は実証されていません。大きな違いだと思います。ミラドライとビューホットの違いについてはまだまだあります。次回もこの話題でブログを書きます。

  • 20Apr
    • ミラドライ の治療効果 1パスでも十分? その2の画像

      ミラドライ の治療効果 1パスでも十分? その2

      こんにちは暑くなってきましたね!汗の対策にも気を使う季節がやってきました。当院にも連日、汗の相談で患者さんが来られます。当院に来られる方は、深くネットで調べてこられる方が圧倒的に多いので、治療に来られた方にミラドライを行っているクリニックの情報をお伺いしているのですが、多くのミラドライを取り扱っているクリニックが2パス(ダブル照射、重ね打ち)を売りにしているそうです。私の検証結果からも、2パスの方が効果的と実証していますが、1パスでも十分治療効果は認められています。わたしのワキの組織の結果を今一度検証してみましょう!1パス治療の組織です。この標本の中で、1本分のアポクリンの組織が認められます。エクリンの組織はありません。2パス治療(重ね打ち、ダブル照射)の組織です。汗の組織は、エクリンもアポクリンも見つけられません。たしかに2パス治療の方が効果的です。でも、その差はわずかで、アポクリン腺1本分の差しかありません。この治療結果は1パスでもすごいことなのです。正直なところ、ここまでミラドライで治療できると思っていなかったので、1パスの結果でもすごいと感じるほどです。治療前の組織のアポクリンの数と比較すると、95%無くなっています。手術でも全部削り取ることはできません。1パス治療でも十分な効果が認められているのです。でも、完璧な治療を望むのであれば2パスでないとだめだと思います。しかし、しかしです。ここまで完璧に治療しても、再治療に来られる方はいます。2パス治療は2回分の治療なので、治療時間も相当かかって、疲れてしまう人が多いです。当院では1パス治療でもかなり広めに照射しているので、1パス治療でも1時間半ぐらいかかります。ミラドライは治療を念入りにすればするほど時間がかかるのです。どうせ2パス(2回分の治療)するなら2回に分けて治療する方が、確実です。1パス治療で満足して、2回治療必要ないかもしれません。ということで、1パス治療の結果を知りたいので、モニター募集しています。結果を検証するためには、相当数の治療が必要なので、まだまだ、モニター治療を募集しています。治療費は20万円(税抜き価格)です。安すぎて不安という方もいるかもしれませんが、当院で行っている通常治療と同じです。ミラドライは、本当に良い治療器です。わきが、多汗症でお悩みの方、絶対効果が実感できます。どうぞこの機会に治療を検討してみんて下さい。チチガについて私に直接相談したい方はクリックでご相談フォームが開きます⇒ミラドライ治療は当院で

  • 27Feb
    • ミラドライ の治療効果 1パスでも十分?

      こんにちは春を感じる暖かい日もありますね。そろそろ汗が気になっている方もいらっしゃるのでは!汗の治療といえば、ミラドライ 一択です。ボトックスもありますが、永久的ではないですし、注射も痛いです。ミラドライ の治療も痛いという方もいるかもしれませんが、私の治療は痛くないと好評です。今までのブログでも書いてきましたが、ミラドライ は汗の組織を破壊するのに最も適している治療器です。私の経験では、手術以上の結果が出ていますので、将来的には手術は無くなると思っています。ところで、この治療効果を上げるために、私の体験から2パス(ダブル照射)の方が良いと検証しています。こういった考えを持つ医師も多いようで、2パス(ダブル照射)を行っているところもありますね。当院でも 、100%治療効果を得るために、プレミアムミラドライ という2パス治療も、治療メニューにあります。この治療には絶対的に自信があるので治療保証をつけています。でも、治療時間が相当かかります。通常治療の2回分なので、時間も2倍かかります。男性だと、治療範囲も広くなるので、自ずと照射数が増えるため、プレミアム治療だと3時間ぐらいかかることもザラにあります。ミラドライ は1照射に45秒かかるため、照射数が増えれば増えるだけ治療時間が長くなります。では、この2パス(ダブル照射)と1パス治療の差はどれだけあるのか?この2回分の治療に匹敵する効果があるのかと考えるようになりました。当初、プレシャスクリニック自由が丘では、1パス治療で、治療保証付きのミラドライ 治療を行なっていました。この時も再治療で来られた方は10%もいませんでした。治療保証付きということは、再治療が無料で受けられるので、施術後気になる方は治療にお越しになるので、再治療ご希望でなかった方は治療にご満足いただけていると考えられます。ということは、当時の1パス治療でも満足度は90%以上だったのです。プレシャスクリニックでは、再治療の時は発汗テストを行って、今の汗の状態を診察した上で、その汗をかいているところに念入りにミラドライ 治療を行なっています。当院では汗をしっかりかいてもらっています。汗をかくまでテストを行っています。しっかり汗をかいてもらって治療を行なっているので、再治療で完璧に治療できます。したがって、その後、相談されたことはありません。いま、1パスでも十分治療効果が得られるように、照射する範囲も広く行うなどの工夫を行なっています。従来の方法でも9割以上の治療効果が得られていたのですから、1パスでも満足していただける方がほとんどだと思っています。1パス治療で満足いただけない時は、2回目の治療をお受けいただければ完璧に治療できるので、最初から2パス(ダブル照射)を行わなくても良いのではと考えるようになりました。もちろん、2回治療を受けたくないという方にはプレミアム治療がオススメですが、手頃な価格でミラドライ 治療をお受けいただくのもアリだと思います。そこで、私の考えが正しいのかを検証するためにミラドライ のモニター治療を募集しています。治療価格も20万円というお手頃価格です。安くても、当院での治療は、私、院長が治療をおこなっていますし、通常治療と同じ治療を行なっています。もし、1回の治療でご満足いただけない時は2回目の治療は15万円でお受けになれます。2回分の治療で、通常治療1回分の価格です。脇汗には絶対的に効果が認められているミラドライ 治療をお受けになって、私の治療を検証するお手伝いをしてください。詳しくは当院のブログからお願いします。https://ameblo.jp/precious-clinic/entry-12441051734.html

  • 21Dec
    • ミラドライの仕組みを徹底解明! 私の体験を通じてわかりやすく解説の画像

      ミラドライの仕組みを徹底解明! 私の体験を通じてわかりやすく解説

      こんにちは!プレシャスクリニック自由が丘院長の清水です。昨日YouTubeにアップした、ミラドライのWebカウンセリング(基礎編)はご覧いただけましたでしょうか?今日は、私が行っている、当院でのカウンセリングをもとに、実際にどのようにミラドライが汗の細胞に効果があるのかを解説しています。わかりやすいと好評のカウンセリングですから、きっと、ミラドライの理解が深まると思います。ぜひご覧になって、ご意見をください。さて、ここまで見ていただいて、ミラドライ治療を理解して、受けてみたいと思った方に朗報です。プレシャスクリニック自由が丘では、正月キャンペーンとして、このWebカウンセリングを受講して、当院でのカウンセリングなしに治療をお受けいただける方に税込み  ¥198,000_  で治療が受けられます。ただしこちらは、当院の標準治療である2パスではなく、1パスです。でも、ミラドライ治療に絶対的自信をもっているプレシャスクリニック自由が丘では1パスでも十分治療結果を出しています。プレシャスクリニック自由が丘での、2パスの位置づけは、パーフェクトなミラドライ治療です。プレシャスクリニック自由が丘で治療をお受けいただければ、1パスでも十分な効果が実感できます。治療をご希望の方は             0120-091-123                            までご連絡ください。詳細はここをクリックして、クリニックのHPでご確認ください。ミラドライ治療は当院で

  • 20Dec
    • わきがって?多汗症って? ワキ汗、一般的な治療について解説します。

      こんにちは!プレシャスクリニック自由が丘院長の清水です。めっきり寒くなってきて、汗とは無縁な?というわけにはいかないですね。冬は、厚着になって、汗をかきやすくなりますよね?今日は、私が行っている、当院でのカウンセリングをもとに、ワキ汗、わきがのメカニズム、一般的な治療法についてビデオを作り、YouYubeにアップしたのでご覧いただけますでしょうか?ビデオ解説の方がわかりやすいと思います。ぜひご覧になって、ご意見をください。

  • 12Dec
    • ミラドライ 治療の完成度を上げるための工夫 その2

      前回、ミラドライ治療の効果、治療方法の工夫について解説したところ、興味を持たれた方が多かったので、最近の私の考えとともに続編をお送りします。ミラドライは、適切に行えば、これほど効果的な治療はありません。再発するのですか?効果って本当にあるのですか?などと心配になって来られる方もたくさんいます。再発も、失敗もありません。自信をもっていえます。私の経験では手術より効果的です。ミラドライ で効果がなくても手術は行わないし、勧めません。ミラドライで完治させます。ミラドライが照射されたところは確実に汗腺は破壊されています。これは、私の皮膚をとって調べて実証しています。1パス(1回照射)と2パス照射(重ね打ち、ダブル照射)の違いは、2回重ねて照射する方が、焼きムラがなくなるのと照射漏れがなくなるので効果的と考えています。ということで、プレシャスクリニックでは通常治療でも2パス照射(ダブル照射)を行なっています。レベルが高い方が良いか?レベルは高い方が治療効果、汗腺が焼ける温度が高くなるので効果的といえます。ただし、レベル5で十分です。レベル5で十分???ミラドライの出力は最高でレベル5です。だから、これ以上の出力はないのですが・・・・改造器でレベル8まで出力が出るミラドライを使っているところもあります。私も、レベル6、7、8で治療してみて比較したことがありますが、レベル5で十分な効果が得られているので、それ以上で行うメリットはありません。高い出力で行うとやけどを生じるリスクが増えるのでお勧めできません。ミラドライ の照射は毛根があるところだけで十分?ミラドライ はわきが治療なので、毛根が認められるところだけ照射すれば十分だとされていますが、プレシャスクリニック自由が丘で発汗テストを行なった結果から、それだけでは不十分ということがわかりました。では、どこの範囲まで照射すれば良いか?事前に発汗テストを行なって、汗腺の範囲を調べて照射するのが確実です。プレシャスクリニック自由が丘では治療前に発汗テストを行なって治療をお受けになることをお勧めしています。プレシャスクリニック自由が丘のプレミアムミラドライ 治療は発汗テストを行なった上で、汗をかいている範囲を調べ、それより一回り大きい範囲で2パス照射(ダブル照射)をくろす打ちで行なっています。こうすることによって、確実に、照射漏れもなく治療できます。確実に印がついているところに照射すること???と思われると思います。なんのことだかわかりませんよね?ミラドライ は、テンプレートを治療する範囲に転写して、その印がついているところにチップを合わせて照射するのですが、チップが、すごい勢いで吸引して、肌にひっつくので、ずれてしまうことがあります。これも慣れて、コツをつかめば大丈夫なのですが、それでもずれて照射してしまうことがあります。その時は、ずれを修正して、その部分だけ再照射を行なっています。確実に、ミラドライ が照射されれば汗腺は根こそぎ破壊されます。いま、その検証を、プレミアムミラドライ のモニターで行なっています。高額の治療費を出して治療を受けるのですから、1回の治療で最大限効果的になるように治療すべきだと日々改良しています。

  • 30Nov
    • ビューホット禁!! チチガにビューホットはだめでしょ!!の画像

      ビューホット禁!! チチガにビューホットはだめでしょ!!

      ミラドライによるチチガ治療を始めて、予想以上にチチガでお悩みの方が多いことに気付きました。私のブログ記事で、チチガ治療についてかいたところ反響が多かったので、また、チチガについて書こうと、ネット上でチチガのことを検索していました。チチガ治療では、圧倒的に、ビューホットの記事が多いのですが、今日は、ショッキングな写真が掲載されている、更紗さんのブログを見つけました。更紗さんに無断で記事を転用させていただきますことご了承ください。施術受けて2週間後です。更紗さんは、90万円も出して、ワキと、すそと、胸のビューホット治療をお受けになったそうです。一般的な話手術受けて2週間たつとかなり落ち着いてきます。ワキガの剪除法でも、落ち着いてきています。ミラドライだったら、見た目わからなくなっている時期です。それにしてもひどい間違ってるかもしれませんが、毛嚢炎を生じています。うみ もぷつぷつとあるように見えます。この状態でもステロイド軟こうを塗り続けたとしたら・・・・・・この予兆はすでにあり、6日目の写真で、針あとか、毛嚢の部分で炎症を生じています。記事にもありますが、白くぶつぶつしているところもあるとのことなので、膿瘍、うみがたまってるのです。このような状況でステロイドを塗ると悪化するので、術後のケアが適切ではないと思います。こんなぶつぶつが胸にもできていると思うと、しかも、乳輪より外の皮膚にもキズがたくさんできてるのではないですか?しかも更紗さんは、2か月近くたった今でも、ひどい状態です。こんな治療結果が出たら、私だったらその治療は二度と行いません。どんなに自信があって治療していても、お蔵入りにさせます。でも、えてして、こういうクリニックは治療結果を患者のせいにします。患者が常に悪者になるのです。更紗さんの場合はクリニックに問い合わせして、その指示の通りにしているのですから、おかしな話なのですが。カウンセラーとか、看護師にまかせているクリニックはだめです。合併症がない治療はないから、何かあったら医師が対応すべきです。治療を受けるときには、治療効果だけを鵜呑みにしないで、宣伝のような結果に騙されないで、何かあった時にも適切に対応してくれるクリニックを選びましょう!90万円も出してこの結果はないと思います。こんなこと書いてしまったから、このブログは炎上するかもしれませんね。でも、”やっぱり、ビューホットでチチガ治療を受けてはいけません。”という、怒りの気持ちがふつふつとわいてきて抑えられません。ビューホットはキズを作らない治療ですか?針をブスブス刺して行う治療がキズができないってことが理解できません。こういった経験をお持ちの方もたくさんいらっしゃると思います。ご意見をいただけますでしょうか?ビューホットの治療について効果も含めて検証していきたいと思ってます。チチガについて私に直接相談したい方はクリックでご相談フォームが開きます⇒ミラドライ治療は当院で

  • 27Nov
    • ミラドライ 後悔しないために治療の完成度を上げるための工夫の画像

      ミラドライ 後悔しないために治療の完成度を上げるための工夫

      今回はミラドライ治療の効果について、治療方法の工夫について解説します。ミラドライなどの器械が行う治療は誰が治療しても同じでしょうか?これは、他院でミラドライを受けても効果がなかったので、私のクリニックに来られた方です。私は、手術後など、ほかの治療をお受けになった方の再施術の時は、全員に発汗テストという、このように汗をかくと青紫に変色するヨードデンプン反応をしていただいて、客観的に汗をかいているところを調べてからミラドライを行っています。青紫色に染まっているところが汗をかいているところです。ということは治療効果があれば、青紫色に染まらないということです。この患者さんは、どこを治療したのかわからないぐらい広い範囲で青紫になって、汗をかいているのがわかります。同じミラドライの治療といっても、こういった、全く効果がないといえる治療を受けているケースもあるのです。治療する範囲も広めに行う必要があります。私は女性でも一番サイズの大きい140x80というサイズで治療していますし、男性ではそれ以上のサイズを自分でデザインを追加して広範囲に行っています。私のクリニックでは、プレミアムミラドライという、広範囲に重ね打ち(ダブル照射、2パス治療)を行うミラドライ治療があります。なぜ重ね打ちしたほうが良いかは、以前の記事を読んでください。このプレミアムミラドライという治療方法は、治療結果に自信があるので治療保証を付けています。でも、ごくまれに再治療をご希望されて来られる方がいますので発汗テストをします。すると、わきの下の方だけ汗をかいていました。でも、それ以外の場所は汗をかいていません。初回の照射範囲と比較してみたところ、照射範囲を超えて汗をかいていたことがわかりました。すなわち、ここまでと思っていたところより広く汗をかいていたのです。でも、ミラドライを照射したところは100%汗をかかなくなっていたことが証明されてほっとしました。ということで、私のプレミアム治療はとても効果があることが実証されてるのですが、この患者さんのように、予想を超えて広範囲に汗をかいていることもあります。だから、術前に発汗テストを行って汗をかいている範囲を同定してから治療しないとダメなのかな・・・・とも感じています。そこで、私の治療方法を確立するために、プレミアムミラドライのモニター治療を募集しています。モニター治療は通常治療と同価格の35万円で、治療後6か月に来院していただき、発汗テストを行い、再治療が必要と診断したときは同日に再照射を行います。ミラドライについて私に直接相談したい方はクリックでご相談フォームが開きます⇒ミラドライ治療は当院で

  • 22Nov
    • 手術禁!! 子供のワキガ治療 ミラドライとボトックス の画像

      手術禁!! 子供のワキガ治療 ミラドライとボトックス 

      今回も、子供のワキガ治療について考えていきましょう。子供がワキガかどうかは臭いで判断するのがベストですが、なかなかわかり辛いところもあると思います。1.耳アカが湿っている2.父か母のどちらかがワキガである3.父か母のどちらかの耳アカが湿っている4.汗で脇の部分が黄ばむ私の研究では、耳アカが湿っている人はワキガです。正確には”ワキガ体質”です。これについても、後に解説する予定ですが、ワキガの人と、ワキガではない人ではアポクリン細胞を持っている数が違います。だから、耳アカが湿っている人は”ワキガ体質”なのです。では、もし、子供がワキガだったらどうしましょう!すぐに手術しますか?いいえ、すぐに手術とか、ボトックスとか治療を考えるのはやめましょう!まずは、お子さんのワキガの程度を調べましょう!ワキガで困っていることは何ですか?汗ですか?臭いですか?黄ばみですか?汗は運動すればかくものなので、汗をかくということは異常ではないどころか、運動して汗をかくことは健康的なことです。特に子供は代謝が良いので、すぐに汗をかきます。だから、汗をかくのは気にしない方が良いと思っています。やっぱり、ワキガは臭いの病気なので、くさいのがダメなのです。でも、あまり神経質にならずに、まずは、毎朝入浴(シャワー)させて、塩化アルミニウムの制汗剤を塗って登校させましょう。それで、ある程度おさえられるのならば、服を消臭などしてケアしてあげたらよいでしょう。それでも気になるなら、治療を考えましょう。ボトックス治療が最初の治療としてお勧めです。最近、保険で治療ができるようになり、都内であれば、15歳未満、自己負担なく治療がお受けになれます。ボトックスはボツリヌス毒素の働きで、注射をした皮膚の汗をかかなくなります。効果はてきめんで、2〜3日で効果が実感できます。全くといっていいほど汗をかかなくなるので、多汗症の方でなくても、毎夏にボトックスをお受けになる方もいます。ですから、第1選択としてボトックスをお勧めします。でも、毎年注射をするのが嫌だったり、根本的な治療を希望するのであれば、ミラドライ 治療をお勧めします。手術を選んでは絶対にダメです。保険診療でできる剪除法はキズ跡が残ります。剪除法のキズは結構目立ちます。大人なら気にしないかもしれませんが、子供は気にしてしまうでしょう。よく、ミラドライ を子供にしても再発するでしょう!といわれますが私の考えでは再発しません。大人の治療と同じです。もし、まだワキ毛が生えていなかったら、毛も生えていないのにと、毛が生えてからの治療を勧められると思いますが、この根拠はなんでしょう?多分、”アポクリン腺が毛穴から出てくるから”という理由だと思います。医師でも勘違いしていることが多いですが、毛の発育と、汗の細胞の発育は全く別物です。組織が違うから当然と言えば当然ですが、第2次成長が始まると性ホルモンが活発に分泌されるようになります。その作用によって、毛根が活性化されて毛が生えてくるのですが、汗の組織は違います。汗の組織、エクリン細胞も、アポクリン細胞も生まれつき存在しています。アポクリン細胞は性ホルモンの働きによって活動を始めるだけなので、組織は既に存在しているのです。だから、毛が生えていなくても、第2次成長が始まれば、アポクリンの汗はかき始めます。私は子供でも、大人と同じ範囲を想定してミラドライ 照射を行なっています。毛が生えていないところでも、すでに汗の細胞は十分存在しています。毛が生える範囲は成長とともに広がるから、今、毛が生えているところだけではだめだと考えています。だから、再発しない、十分な効果が続くと考えています。ただし、これは、あくまでも私の個人的な見解なので、それを実証する必要があります。ミラドライ治療をしたお子さんが18歳になるまで経過を追ってみていく必要があると思っています。プレシャスクリニックでは中学生以下のミラドライ治療は全員モニターで治療を受けていただいています。治療費は破格といっていいと思います。20万円です。安かろう悪かろうではなくて、プレシャスクリニックの通常治療と同じ、2パス治療を行っています。自分の治療が正しいことを行っているかの検証に付き合っていただくので、この破格の値段で承っています。それに、モニターといっても、18歳になるまで毎年診察を行うだけです。病気の治療ではごく当たり前に行われている経過観察を行うだけです。診察といってもメールでできるので、わざわざご来院いただく必要はありません。子供のワキガ治療について私に直接相談したい方はクリックでご相談フォームが開きます⇒ミラドライ治療は当院で

  • 19Nov
    • 子供のワキガ治療 子供のミラドライ

      子供のワキガ・・・・子供でも臭います。子供のワキガについてもよく相談をうけます。なかには、ご家族が気にしすぎている方もいらっしゃいますが、診察してみると、しっかりワキガ臭がする方がほとんどです。ワキガはアポクリンという汗の細胞の働きによって生じる病気です。このアポクリン腺の働きが、思春期、第2次性徴になると活発になってくるので、臭うようになってきます。では、治療はどうしたらよいでしょう?子供の治療ですから、いろんな意味で傷つけない治療にしましょう。いろんな意味というのは、精神面も含めてです。思春期というのは、何かと傷つきやすい、繊細な心を持っているときです。本人が悩んでいたら問題なく治療を勧められますが、そうでないときは、それを本人にうまく伝えられるかが問題です。子供を思う親の気持ちは十分わかってるつもりです。お子様が、ワキガという病気を理解しているのならば治療して全く問題ありません。どうしてこんなことを言うのかといえば、子供を心配するがあまり、半ば、だまして治療を行おうとする親御様がいらっしゃるからです。当院にも、9歳で、他院でミラドライ治療を受けて術後1か月目に治療した場所が赤く腫れてきて、心配で来られた患者さんがいます。どうみても、まだ2次性徴が始まっているようには見えません。しかも、この男の子は、自分がどんな治療を受けたかは全く分かっていません。親御さんが、気にしすぎて治療を受けさせたのです。治療に完全もなければ、合併症がない治療もありません。治療には痛みもつきものです。ですから、治療について理解をしていただけない限り、私は治療を行うべきではないと考えていますし、私は治療しません。もちろん、ミラドライは効果的だし、合併症の経験はありません。でも、だからといって、自分の状態を理解しないで治療は受けさせるべきではないと思っています。おこさまが、  ”俺はワキガじゃない”  ”そんな治療は受けたくない”というのを無理に説き伏せて治療するのでなければいいと思います。やんわりと、  ”わきがちょっと臭うし、嫌われるかもしれないよ。”  ”ちょっと臭うから治療した方がいいと思うよ”などといって、病気をうまく説明してあげることができて、治療する気にさせればよいと思います。ただし、まだ成長期なので、成長する過程でまた臭うようになるかもしれません。でも、今の状態が良くなるのだから、治療する意味はあると思っています。たとえば、あざのレーザー治療でも、太田母斑という思春期に濃くなるあざがあって、昔は、思春期になるまで治療を行わなかっていませんでした。でも、たとえ思春期に濃くなっても、あざの顔で青春を暮らすより、またあざが出ればその時に治療すればいいでしょ。という考えで今は、赤ちゃんの時から治療しています。そんな今では、濃くなっても、未治療でいた時よりは薄いあざの状態で、そんなに気にならずに青春を送れています。だから、今現在、気になっているのならば治療する意義、甲斐があると思っています。悩んでいるのならば治療する方が良いと思っています。ミラドライはキズができないので、子供でも勧められる治療です。たとえ再発したとしても、100%元に戻るとは考えられません。子供のワキガのミラドライ治療について、ボトックスなどのほかの治療と比較しつつ、次回解説します。なかなかわかり辛いと思い長文になってしまいましたが、私の考えが伝われば幸甚です。子供のわきが治療について私に直接相談したい方はクリックでご相談フォームが開きます⇒

  • 15Nov
    • ”ちちが"にもミラドライ ビューホットで失敗⁈の画像

      ”ちちが"にもミラドライ ビューホットで失敗⁈

      ”チチガ”とは、乳首が臭い人のことをいいます。おっぱいからワキガと同じ臭いがするのです。ワキガはアポクリンという汗の組織の働きが多いので、アポクリンのかく汗特有の臭いのする病気です。日本では1割しかいないし、このにおいは、とても臭くて嫌われます。このアポクリン腺は、脇のほか、乳輪、外陰部、外耳道(耳の穴)にあるので、ワキガの人は、チチガである可能性があります。とはいっても、おっぱいからそんな臭いがすることはないとずっと思っていました。ところが、おっぱいがすごく臭かった女性と出会った経験がある人と話す機会があり、”チチガって本当にいるんだ”とチチガの存在に気を止めるようになりました。とある日、ワキガも、すそワキガもミラドライで治療して、満足されていた患者さんから、”チチガで悩んでいます”と訴えられました。この方も、最初からチチガだとは気づいていません。ワキガの治療をしたのに、なぜかまだ臭いがするので、よくよく調べてみるうちに、化繊のブラジャーに、あの、ワキガ特有のにおいが染み付いていたそうです。そこで、チチガに気付いたとのことでした。チチガの原因は、乳輪にある乳輪腺(モンゴメリー腺)から出てくるアポクリンの汗です。乳輪から毛が生えている人もいますが、まさしくその毛穴から出てきます。この臭いに気付かない方もたくさんいますが、パートナーから指摘されたり、パートナーの口からワキガ特有の臭いがして気付かれた方もいます。この患者さんは、チチガの治療を何度か受けたが効果がなかったので、なんとかミラドライで治療してほしいと懇願されました。この方の受けた治療は、”ビューホット”という、ミラドライとよく比較されているワキガの治療機です。原理は、フラクショナルRFという方式で、針先から電気を流して組織を焼く方法です。電気分解法と同じ仕組みなのですが、ビューホットは下の写真のように、一度に剣山のような36本の針を刺して、広範囲(3cmx3cm)に治療できる仕組みになっています。 形成外科59巻 増刊号より引用3X3cmという大きさは乳輪に行うには大きすぎると思います。乳頭には刺さないと思いますので、乳輪の大きさが6cm以下の人では乳輪の外側の正常な皮膚にも刺さってしまいます。アポクリン腺が全くないところにも刺さって焼いてしまうので、乳輪ぐらいの大きさだったら、1本ずつ、電気分解法で焼いていくほうが、侵襲がなく、治療に適していると思います。この患者さんの乳輪を診察して、傷だらけになっているのにとても驚きました。この患者さんは”ペアドライ”という”ビューホット”と”ウルセラ”を組み合わせた治療を2回お受けになったそうです。白く、色素が抜けているところがキズです。こんなにグサグサ刺されても、一向に良くならないばかりか、キズもできて悩みは倍増しています。この患者さんは、ミラドライの効果を実感しているので、ミラドライの治療を切望されました。ところで、ミラドライはワキの治療専用です。ワキ以外の部位に治療できるようにできていません。しかし、私は、ワキ以外の部位にも治療してきて、何のトラブルもなく治療してきています。それだけにミラドライの治療に自信があります。一歩間違えればやけどが生じてしまうと思います。合併症がない治療なんて存在しません。でも、その合併症が生じないように努力するのが医師の義務です。ですから、慎重に治療を始めました。この患者さんの同意のもと、1照射だけ、ミラドライを乳輪にあててみました。いろいろ工夫して乳輪にもあてられるようにしています。なんら問題なく治療できました。問題なく治療できたことを確認して、乳輪全体にミラドライ治療を行いました。治療後この患者さんはとても満足して喜ばれました。この患者さんの悩みが解消され、この上ない喜びです。この結果をもとに、10名のモニターを募ったところ、すぐに募集人員に達し、予想以上にチチガでお悩みの方が多いことに気付きました。そして、この10名にチチガのミラドライ治療を行いましたが、すべて問題なく、合併症も生じることなく改善しています。施術後の腫れも、ミラドライ治療のなかでは最も少ないです。これは予想以上に良い結果でしたが、皮膚が固いのと、アポクリン腺の数が少ないから腫れも、痛みも少なく、効果も出やすいのでしょう。”ちちが”も安全確実にミラドライで治療できます。チチガについて私に直接相談したい方はクリックでご相談フォームが開きます⇒ミラドライ治療は当院で

  • 12Nov
    • ”すそわきが”にもミラドライの画像

      ”すそわきが”にもミラドライ

      ワキガはアポクリンという汗の組織の働きが多いので、アポクリンのかく汗特有の臭いのする病気です。日本では1割しかいないし、このにおいは、とても臭くて嫌われます。このアポクリン腺は、脇のほか、乳輪、外陰部、外耳道(耳の穴)にあるので、耳アカが湿っている人は、ほとんどがワキガです。(理論的に考えると耳アカが湿っている人はわきがです。この件については、またの機会に解説します。)ワキガでお悩みの方で、すそわきがも気にしている方がいます。ワキガの人は外陰部にもアポクリン腺があるので、デリケートゾーンにもワキガ特有の臭いにおいがするので、これを”すそわきが”とか”すそが”などといいます。私は”すそわきが”は気にしていなかったのですが、あるとき患者さんから、”すそわきがをミラドライで治療できますか?”と相談されました。この患者さんは、すそわきがで大変悩まれていて、いろんな治療をしたけど効果がなかったので、ぜひともミラドライで治療してほしいと頼まれました。ミラドライは極めて優れた治療器で、これほど完成度の高い治療器と出会ったことがありません。汗の組織を安全かつ確実に、キズもできずに破壊できる治療器です。だから、ワキガだけではなくて多汗症の治療もできます。でも、”脇(腋窩)”の治療専用器なのです。これが、デリケートゾーンという複雑な構造をしているところに使えるかどうか、いろんなところにミラドライをあてて実験してみました。アポクリン腺は毛穴から分泌されますから、デリケートゾーンの毛が生えているところが治療する場所になります。下腹部、恥骨部のいわゆるVソーンは平らなので簡単に当てられます。でも、その下の、股の間、 ”I” ゾーンや ”O” ゾーンになると平らではないので、そのままではあてられません。すそわきがでお悩みの方は、 ”I” ゾーンの臭いを一番気にしているので、 ”I” ゾーンの治療ができなくてはミラドライ治療の意味がありません。試行錯誤を重ねるうちに、1つのアイデアが浮かび、”I” ゾーンも治療できることがわかり、モニターを募集して治療を行いました。1回目の治療からうまく治療できて、患者さんにもとても喜ばれました。”すそわきが”のミラドライ治療が完成しました。それから、当院の治療メニューに、すそわきがのミラドライ治療を扱うようになりました。すると、予想以上に反響があり、多くのすそわきがで悩まれている患者さんの治療をミラドライで行いました。正直、こんなに多くの方が、すそわきがで悩んでらっしゃるなんて想像もしていませんでした。そして多くのすそわきがの治療を行ってきましたが、一人だけ小さな毛嚢炎から炎症が生じた方がいましたが、それ以外は問題もなく治療できました。効果についても、治療受けた方全員から効果を認めています。この中には手術で効果がなかったり、ビューホット、ウルセラで効果が認められなかった患者さんもいます。ミラドライほど効果的な治療はないと思っています。でも、中には、施術後に強く腫れて困ってしまった患者さんがいました。”I” ゾーン(大陰唇)は、皮膚が薄くて腫れやすい場所です。子供で、自転車のサドルに強くぶつけて腫れて受診する子もいるぐらいです。”O” ゾーンも腫れるかと思っていましたが、”O” ゾーンは皮膚が固いので、あまり腫れません。すそわきがで悩んでらっしゃる方の、1番気にしてる部位が、”I” ゾーンの付け根のところです。股を閉じたときにあわさっているところです。(黄色いマーカーで塗られた場所です)ココだけのの治療だったら、腫れても、そんなに支障が出ないし、ここだけの治療でも治ると考え、”I” ゾーン限定の治療も行っています。治療した場所はどうしても腫れてしまいます。でも、デリケートゾーン全体に行うよりはるかに楽です。ほとんどの方が1週間で気にならないレベルの腫れに落ち着いています。”I” ゾーン限定の治療をお受けになった半数の方が、治療後100%満足されています。残りの半数も、少し臭いが残っている方か、ほかの部位の臭いを気にされている方です。デリケートゾーンのミラドライ治療は”I” ゾーンから行うことをお勧めします。すそわきがの治療について私に直接相談したい方はクリックでご相談フォームが開きます⇒ミラドライ治療は当院で

  • 05Nov
    • 多汗症にもミラドライ?  手掌多汗症にもの画像

      多汗症にもミラドライ?  手掌多汗症にも

      ミラドライはワキの治療専用器ですが、ワキ汗をかかなくなるので。ワキガだけでなく、腋窩多汗症にも効果があります。ということは、アポクリン腺だけでなく、エクリン汗腺にも効果が認められるということです。これは、前回のブログの記事、病理検査で証明できています。ミラドライの治療でアポクリン腺とエクリン腺の両方の汗の組織が消滅していました。ということは、エクリン汗腺の治療にも使えるのではないでしょうか?エクリン汗腺の治療といっても、ピンとこないと思いますが、多汗症の治療ができるということです。多汗症とは異常に汗をかいて日常生活に困る状態です。運動して汗をかくというのは、とても生理的で、健康的なことなのです。しかし、運動しなくても汗をかくこともあります。皆さんもご存知だと思いますが、手に汗握る状態です。精神性発汗といいます。緊張して、手汗がにじんだり、脇がじとっとした経験は誰にでもあるのではないでしょうか。この汗のかきかたが半端なくて、本や、キーボードに汗が滴り落ちてしまう人もいます。手の汗で日常生活に支障が生じている状態を手掌多汗症といいます。この根本的な治療として、交感神経節ブロックという手術があります。でも、手術には合併症がつきものです。この手術を受けると、代償性発汗が生じます。手掌多汗症の治療でT4神経節ブロックを受けた後の代償性発汗で悩んでこられた患者さんです。手汗はかかなくなったのですが、代償性発汗が尋常じゃなくて耐えられないということで相談に来られました。背中の汗が特に気になるということだったので、発汗テストを行ってみました。汗をかいているところが青紫色に染まるので、青紫色に染まっているところが汗をかいているところです。神経節ブロックの効果はてきめんで、赤いラインを引いた第4胸椎レベルより上は全く汗をかいていません。でも、代償性発汗のレベルもすごいです。ここまで、すぐに青く染まったことはありません。みるみる汗が滴り落ちるようにかいて、すぐに青紫色に染まりました。手汗と代償性発汗とどっちを選ぶかというレベルのものですね。こんなに代償性発汗って、汗をかくものかと、信じられないレベルで汗をかいてました。この患者さんの悩みをミラドライで解決できるかどうか、患者さんの協力を得て試すことになりました。ミラドライに精通している私は、背中の皮膚でも治療できると確信していました。そうはいっても、背中に照射するのは初めてなので緊張します。背中の皮膚は体中で一番厚いので、局所麻酔の注射を注入する部位に気を使います。ミラドライの治療のキーポイントは、この注射の量と、注射液が入る層なのです。ミラドライを照射2週間後に発汗テストを行ってみたところ、みごとにミラドライを照射したところだけ汗をかかなくなっています。背中のミラドライの多汗症治療に成功しました。でも、これを、背中中に行うのは大変です。現実的ではありません。この患者さんもETS手術さえ受けなければ、こうならなかったのです。手の多汗症にもミラドライができれば・・・・・私は、手の多汗症にもミラドライ治療ができると考えています。そこで、いつものように、自分で実験しようと、自分の手のひらで、発汗テストを行ってみました。残念ながら、手掌、汗をかかず、実験を断念しました。どなたか、手掌多汗症でお悩みの方がいれば、治験を受けに来られませんか?安全確実にできる治療方法を考えています。毎週定期的にプレシャスクリニックに通える方で、この治験にご協力いただける方がいらっしゃればご連絡ください。治験なので、治療は無料です。多汗症の治療について私に直接相談したい方はクリックでご相談フォームが開きます⇒ミラドライ治療は当院で

  • 03Nov
    • ミラドライの効果について検証  病理組織編 ほとんど効果がない!?の画像

      ミラドライの効果について検証  病理組織編 ほとんど効果がない!?

      こんにちは、プレシャスクリニックの清水です。私の治療経験からミラドライの治療効果を検証しています。今回は病理検査をもとに治療効果について検証してみましょう。私は実験的治療の目的もあったので、いろいろと条件を変えて治療を受けました。左脇はレベル3、右脇はレベル5で1パスと2パスです。傷が治って落ち着くのに3か月必要なので、治療して、3か月がたった時に、治療したところの皮膚を切り取って病理検査を行いました。これは、治療した当時(平成27年)、多くのクリニックで行われていたレベル3(中間出力)で治療した左脇の皮膚です。ほとんど汗の細胞が残っています。それに、汗の細胞の構造がまだ未熟なので、中途半端に焼けた組織が再生してきている状態だと考えられます。よく、”施術直後は臭いも無くなって快適だったのに、3か月ごろから臭いがしだしました。”という、治療体験をみますが、これはまさしくその状況でしょう!”再発”とか、”効果がなかった”とかになるはずです。それにくらべて最高出力のレベル5、1パスで治療したところです。まったくといっていいほど汗の細胞はなくなっていましたが、残念なことに1か所だけ、アポクリン腺の組織が見つかりました。これは。右脇のレベル5で2パス治療(繰り返し2回照射)したところです。汗の細胞は見つけられませんでした。完璧に治療できています。やはり、最高出力のレベル5で行うと、とても効果的だというのがわかります。では、1パス(1回照射)と2パス(2回繰り返し照射)の違いについて検証してみましょう。レベル5で照射するとほとんどの汗腺と毛根が焼灼されます。この病理組織から、ミラドライがうまく照射されたところは、汗腺のみならず毛根も焼灼されたことがわかります。1パスで不完全だったところも2回目の照射で完全に焼けたと考えられます。1パスと2パスの違いは、出力は同じなので、同じことが繰り返し行われただけです。ミラドライの原理は電子レンジと同じなので、電子レンジでの調理と考えると、1回の調理では焼きムラが生じていたのを、もう一度調理することによって、焼きムラがなく調理できたと考えられます。2パス治療を行うことによってやけどが生じてしまう危惧がありますが、これは、2パス治療を適切に行えば防ぐことができます。1パスでも十分な治療効果が認めれれますが、より完璧を目指すのなら2パス治療ということになります。ミラドライ治療は当院で

  • 01Nov
    • ミラドライの効果について検証  病理組織編 ワキガの人と普通の人の違いを検証する の画像

      ミラドライの効果について検証  病理組織編 ワキガの人と普通の人の違いを検証する 

      私はミラドライという治療器に大変興味を持ち、ミラドライの将来性を強く感じ、自分の体を使って実験しました。私は自分の体を犠牲にして治療を受けるのだから、ごく当たり前の治療ではつまらないと思い、いろいろと治療条件を変えてミラドライを受けました。そして、自分の体を犠牲にして皮膚を切り取って、病理検索も行いました。病理組織ほど、治療結果を検証できる方法は他にありません。学会で報告していても、病理結果があれば、それ以上の証拠がないので、だれもケチをつけてきません。それほど病理組織というのは重大なものなのですが、皮膚を切り取らなければならないので、他人にお願いするわけにはいきません。そこで、自分の体で証明することにしたのです。では、その組織をお見せしましょう。これは施術を受ける前の私のワキの皮膚です。といっても何がなんだかわからないですよね?図解を入れてみました。汗の細胞がとっても多いです。しかも、アポクリン腺が・・・・・わきの皮膚の特徴なのですが、このように、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2つの汗の細胞がとても多く存在しているのがワキガの人のワキの皮膚です。わきがではない人はアポクリン汗腺がほとんどありません。これはわきがではない人のワキの皮膚です。これだけじゃわからないですよね?アポクリン汗腺は見当たらず、エクリン汗腺しかありません。通常はこのように皮下脂肪組織の中にエクリン汗腺があるだけなのですが、私のワキの皮膚は皮下脂肪組織がほとんどなくて、その分アポクリン汗腺で満たされています。わきがの人はこのようにアポクリン汗腺が多いのです。ミラドライ治療は当院でただいま、ミラドライカウンセリング無料キャンペーン中!!

  • 29Oct
    • ミラドライを体験しました。 施術受けて3か月・・・効果がない?の画像

      ミラドライを体験しました。 施術受けて3か月・・・効果がない?

      私がミラドライを受けたのは2015年5月3年以上前の話です。当時は、出力もレベル3(中間出力)で行っていたクリニックがほとんどでした。私は実験的治療の目的もあったので、いろいろと条件を変えて治療を受けました。施術して3か月たちました。弱い出力で治療した左側は施術後2週で、ほぼ通常な状態になっていたのに比べ、最強レベルで行った右側は施術後2週経っても触るとヒリヒリ痛かったし、しびれも出ていたので、心配だったのですが。3か月経ったら、何事もなかったかのように正常状態に戻りました。一番心配だった、しびれも無くなりました。強く治療した方が効果的なのは毛の量からもわかると思います。最強出力で行ったほうは脱毛効果もすごいのがわかると思います。レーザー脱毛1回ではとてもこのような状態になりません。臭いも汗も全くなくなりました。とても快適な毎日です。次回は、病理組織で効果を検証します。ミラドライ治療は当院で