剣道の打突が重くなり、受け技ごと、相手を崩すことができます。 | 合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。


テーマ:
● 剣道の打突が重くなり、受け技ごと、相手を崩すことができます。

こんにちは。川村義之です。

剣道の、打突が重くなり、受け技ごと、相手を崩すことができます。

相手が、力ずくで突進してきても、わずかな力で、床に膝を着かせることができます。

立ち上がる、座る、蹲踞する、礼をするなどの全てを、崩し技にすることができます。

剣道をされているSさまの、中級第1回目のようすを、ご紹介します。

正中線を保っているとき、大腰筋が、使われています。

向かい合って立ち、相手が、差し出した両手の上に、自分の両手を乗せます。

正中線を保ち、真っ直ぐ落ちるように正座すると、相手を、座り込ませることができました。

正座した状態で、相手が、差し出した両手の下に、自分の両手をあてがいます。

正中線に、引っ張られるように立ち上がると、相手のことも、立ち上がらせることができました。

正眼に構え、上下に重ねた両手を、相手に、下から押さえられます。

正中線を保って、蹲踞すると、相手を、しゃがみ込ませることができました。

向かい合って立ち、相手に、両手を下から、押さえられます。

正中線を保ったまま、礼をするだけで、相手を、座り込ませることができました。

「楽しいです!うははは!楽しいです!いや~いい感じです!」

次は、研勢塾で、「股関節から動く」と名付けた練習法です。

股関節を使い、正中線を保った上体を、わずかに傾け、すぐ元に戻します。

相手に、気づかれないうちに、相手が、安定して立っていられないように、崩すことができます。

相手の肩に手を置き、「股関節から動く」をやると、上から軽く押すだけで、座り込ませることができました。

鍔迫り合いの体勢から、「股関節から動く」を使ってみました。

がむしゃらに、突進してくる相手を、いきなりその場に、ひざまづかせることができました。

最後は、「支えを外す」という練習法です。

構えて、足を、前後に開きます。

両足均等に荷重し、後ろに体重移動せず、前の足にかかる荷重を、0%にします。

相手に、前から両手で、押さえられたところから、やってみます。

筋力で、押し返していないのに、相手を、何メートルも後退させることができました。

鍔迫り合いの体勢で、「支えを外す」を使ってみました。

突進してくる相手を、腰砕けに崩し、その隙に、死角から、一本を獲ることができました。

剣技自体も、筋力を使わずに、圧倒的に、重くすることができます。

斬り下ろしを、受けた相手を、その場に、ひざまづかせることができました。

古流剣術でいう、そくいづけ(即位付け・続飯付け)も、できるようになります。

剣と剣が、接触した瞬間、「支えを外す」を使います。

相手の剣を、自分の剣にくっつけて、相手に横を向かせることができました。

大腰筋の活性化で、鍔迫り合いで、相手に対して、有利に立ち回ることができます。

腕力で、がんばらなくても、密着戦を、一方的に制することができます。

行住坐臥、普段の動きの質が変わり、日常生活をしているだけで、剣道で、どんどん強くなることができるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。

合気道や柔道などの武道の個別指導塾「研勢塾」:川村義之さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります