合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。


テーマ:
● テコンドーの組手では、縮地法が使えることで、とても有利になります。

こんにちは。川村義之です。

テコンドーで、縮地法が使えると、相手に反応させずに、間合いを突破できます。

相手の攻撃を受けるだけで、相手を崩すことができます。

相手に、こちらの動きを読ませにくく、従って、防御させにくくすることができます。

テコンドーをされているOさまの、上級第1回目のようすを、ご紹介します。

まずは、縮地法の基盤となる、浮き身の練習からです。

相手の廻し蹴りを、受ける瞬間、サイン・ウェーブの下降する動きを行い、そのとき、浮き身になります。

廻し蹴りを、受けるだけで、蹴ってきた相手を、ひざまづかせることができました。

サイン・ウェーブを浮き身と解釈して、前屈立ちで、歩いてみました。

向かい合って立つ相手に、前から両手で、押さえられます。

相手を押さなくても、自分が動き出すのと同時に、相手を後退させることができました。

歩いて前進する動きにも、浮き身が含まれることで、相手に、力で押さえられない圧力を、かけることができるわけです。

このことから、元々サイン・ウェーブが、浮き身で移動する、縮地法の体得を目指したものだと、わかります。

「なるほど!腑に落ちました!」

次に、ナイハンチの横歩きを題材に、体幹の、螺旋の動きで、自動的に踏み出すことを、練習しました。

組手構えから、同じ螺旋の動きをすると、自動的に、両足を滑らせながら入れ換える、浮き身の歩み足ができました。

相手のジャブに合わせて、同じ螺旋の動きをやってみました。

縮地法で間合いを詰め、自動的に逆構えになり、相手のジャブに、クロスカウンターを極めることができました。

自動的に逆構えになることで、相手のジャブを、逸らしながら、カウンターを極めることができるんですね。

「これは、相手は何をされたのか、わからないですね!」

浮き身の寄り足では、同じスタンスのまま、両足を滑らせて、2メートルも進むことができました。

構えたスタンスのまま、いきなり間合いを詰めるので、相手からは、動き出しが、非常にわかりにくい動きです。

相手が、まだ警戒しないような、遠い間合いからでも、一気に相手の目の前まで、侵入することができました。

スピーディーな展開が一般的な、テコンドーの組手では、縮地法が使えることで、とても有利になります。

相手に当てさせず、自分だけ、一方的に当てる組手ができます。

縮地法が使えると、自分の隙がなくなると同時に、相手の隙を衝くことも、容易にできるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

合気道や柔道などの武道の個別指導塾「研勢塾」:川村義之さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります