剣の極意は、体の使い方で、実際にできるようになるんですね。 | 合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。


テーマ:
● 剣の極意は、体の使い方で、実際にできるようになるんですね。

こんにちは。川村義之です。

体の使い方を改善すると、剣道で、竹刀を振るうのが、猛烈に速くできます。

剣の極意は、技でではなく、体の使い方で、実際にできるようになるんですね。

鍔迫り合いでも、当たりが強烈になり、相手を圧倒することができます。

剣道をされているSさまの、初級第6回目のようすを、ご紹介します。

両手で正眼に構えた手刀の上下各25cmのところに、相手が、左右の掌を、かざします。

普通に、手先から動くと、上下にある掌に、手刀が当たり、パン!パン!と2回、音を立てました。

次に、胸椎の動き主導で、手刀が、最後に動き出すように、素振りをしてみます。

手刀が、上下の掌に、ほぼ同時に当たり、当たる音が、パパンッ!と、1つになりました。

振りかぶり、斬り下ろしが、一挙動になったので、その場で、圧倒的に、速くなったんですね。

胸椎を、素振りのときより小さく動かし、相手への、崩しに使ってみました。

鍔迫り合いで、触れた瞬間、相手をのけ反らせ、吹っ飛ばすことができました。

強い動き、大きい動きによる崩しは、相手に感知され、無意識に、バランス補正されてしまいます。

ところが、感知できない崩しには、無意識によるバランス補正が、働かないんですね。

浮き身を応用し、前の足に、体重移動しないで、後ろの足で、床を蹴らずに歩いてみました。

前から押さえられていても、一切抵抗を感じずに、相手ごと、前進することができました。

その場足踏みから、上体で、姿勢変化を起こすと、自動的に、歩き出すこともできました。

足を、前に踏み込まず、後ろに蹴り出さないで、垂直に、上下させているだけです。

足で歩かずに歩く、古流剣術の極意です。

相手のサイドに移動しながら、同時に、一挙動で胴、面と、連打することができました。

一瞬で、胴、面と打たれるので、動体視力、反射神経では、追従できない迅速さです。

手先から、竹刀を振るったのでは、胴、面と連打すると、どうしても、二挙動になってしまいます。

一挙動なら、流れるように、動きがつながっているので、動きと動きの間に、相手に付け入られる隙がありません。

もはや、純然たるスポーツの動作では、到達できない次元です。

体の使い方がうまくなれば、技が速く、強くなり、自分も、居着かなくなります。

相手の力と、ぶつからず、相手とつながって、相手に抵抗させない、崩しができます。

体の使い方を、理に適ったものにしていくと、剣の極意が、現実のものになるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。

合気道や柔道などの武道の個別指導塾「研勢塾」:川村義之さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります