テコンドーにも、武術の理を導入すれば、急速に、大幅に、レベルアップできます。 | 合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。


テーマ:
● テコンドーにも、武術の理を導入すれば、急速に、大幅に、レベルアップできます。

こんにちは。川村義之です。

テコンドーにも、武術の理を導入すれば、急速に、大幅に、レベルアップできます。

蹴り、突きのスピード、威力、足捌きの自在さ、崩し、読み、攻防のタイミング。

その全てが、歴然と向上していくので、テコンドー指導員であるOさまも、いつも驚かれています。

武術の理が、人間本来の、野生動物としての、動きそのものだからです。

文明生活で忘れられた、野生動物としての動き・感性が、甦ってくるわけです。

加えて、体のつくりを活かした動きですから、負担も、少なくなっていくんですね。

Oさまの初級第6回目のようすを、ご紹介します。

初級第6回目のテーマは、ぶつからない動き、つながる動きです。

ちょっと動いてもらって、見てみると、股関節の動きが以前よりスムーズです。

「先生(川村)に言われて、股関節の脱力は、常に意識していたんです」

股関節まわりの脱力がうまくなったおかげで、浮き身も明らかに上達されていました。

浮き身を使い、両足同時に回りながら、右ミドルを蹴ることが、できました。

軸足を決めて、蹴り足を浮かせて、のイチ、ニイではなく、2動作同時の、イチ!で終わる素早さです。

スイッチしながら蹴る、クイックモーションの左ミドルキックも、できました。

前の脚の蹴りなのに、これもイチ!で終わる素早さで、相手としては非常に、防御しにくいものです。

テコンドーの、サインウェイヴの歩法に、浮き身の感覚を、導入することも、できました。

スルリと、低空を滑空するような、相手が捕捉しにくい動きになりました。

相手の突きに合わせて、浮き身で、左右真横にスライドし、死角に消えるのも、できました。

「うわっ!これは相手、こちらが見えませんし、こっちとしたら、相手がら空きですね!」

体幹の、波打つ連動も練習し、それに呼気を合わせていきました。

「自分の師匠だけ、他の人と呼気の音が違うんです」

体幹の連動と、呼気を一致させて、テコンドー式に、口から吐いてみました。

「ああっ!その音です!自分の師匠と同じ音です!」

今度は、Oさまにも、やってもらいました。

「ああっ!凄い!師匠と同じ音の呼気が、できてしまった!」

両手首をつかまれ、押さえられたところから、トゥル(形)の中の、受けの動きをしてもらいました。

体幹の波打つ連動を使って、受けの動きをすると、両手首をつかんでいる相手を、振り回すことができました。

これは、動画で確認する限り、Oさまの師匠の、達人の先生の動きと、同じだと思います。

「いや、まさにそうです!凄いです!」

「トゥルの動きを、こんなに風に指導してもらえるなんて…」

次は、股関節の抜き、膝の抜きで、蹴りを強力にする方法を、お伝えしました。

左ミドルキックをこれから蹴ろうとする足首をつかまれて、押さえられます。

普通の蹴り方では、力一杯やっても、蹴ることはできません。

抜きの技術を使うと、相手ごと、軽々と、蹴り抜くことができました。

さらに、体幹の波打つ連動から、股関節、膝と、順番に抜いて、蹴ってもらいました。

先ほどと同じく、足首をつかまれ、押さえられたところからの、左ミドルキックです。

今度は、相手を前方に、大きく放り投げるほど、強力に蹴ることができました。

「うわっ!さっきよりも全然、ラクなのに強く蹴れましたね!」

相手にぶつからず、相手とつながることが、できたからです。

「テコンドーのことを、こんなに研究して教えていただけるなんて…」

「未知の世界を体験できて、本当に嬉しいです!」

「こんな体験、恐らく1人じゃ、できなかったでしょうね…」

「今日は、本当に来てよかったです!こんな体験をさせてもらえると、もう、テコンドーやめられないですね(笑)」

今後中級を進むにつれ、再現性を、百発百中に向けて、ますます高めていけることでしょう。

ぶつからない動き、つながる動きとは、具体的には、体の芯から、末端へと、伝わっていく動きのことです。

S字にうねり、波打って、どんどん伝達されていく動きです。

動きの途上で障害物に遭っても、止められず、障害物ごと、一緒に動ける動きなんですね。

こういうことができる人を、達人と呼びます。

直線や、円弧など、一定の軌道を描く動きは、障害物に遭ったとき、そこでぶつかり、反発を招いてしまいます。

これでは、つながるなどは、物理的にできません。

そして、人間の体に何かをするときは、物理的に可能なことしか、確実な再現性が、ないんですね。

原理の解明と、実験による検証があれば、達人の動きや技というものも、再現性のあることとして、お伝えできるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、柔道、剣道、空手、中国武術、古流武術などの武道・武術のかたに、達人の動きや技が実際にできるようにお教えしています。

合気道や柔道などの武道の個別指導塾「研勢塾」:川村義之さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります