所有しているBトレインショーティーの紹介です。


今回は223系5500番台です。







223系は新快速用の1000、2000番台
関空/紀州路快速用に増備された2500番台
221系の性能にあわせた6000番台
快速マリンライナー用の5000番台
2000番台の試作機で後に改造され、
技術試験車「U@tech」となった9000番台
が製品化されています。

U@tech」はアソート品のシークレットです。


僕は2000番台の先頭車1両、中間車1両と
6000番台の先頭車1両を持っていました。

しかし、3両は中途半端なので先頭車2両の
5500番台に改造することにしました。








 アーバンネットワークの標準仕様である223系の福知山線や山陰本線向けの2両編成。他の223系の窓は傾斜しているが、5500番台は直立していて貫通幌でつなげられる。
 貫通扉と乗務員扉に最高速度120㎞/hをあらわす黄色の線が入っていて、221系との併結が可能。霜取り用のパンタグラフを搭載した編成もある。

(山と渓谷社 電車の顔図鑑、電車の顔図鑑4)より



僕は改造の際に霜取りパンタグラフ装備タイプにしました。
運転席の真上にパンタグラフがついているのは、なんとなく厳つくて好きです。




今回はこれで終わりです。







ご覧いただきありがとうございました。





鉄道コム
↑ブログランキングに参加しています。