秘密協定 | 毎月のマイナス貯金を減らすきっかけに
2013-03-25 09:19:05

秘密協定

テーマ:日常業務

おはようございます、司法書士の山北です。



朝日新聞に記事がでました。



「過払い返還、密約で減額 債務者が知らぬ間に 消費者金融と法律事務所」

http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201303230436.html


以下、記事の引用

「消費者金融業者に払い過ぎた借金の利息を取り戻す「過払い金返還請求」をめぐり、業者が、請求を代行する法律事務所と手を結び、債務者の一部に不利益となる協定を秘密裏に交わす例があることがわかった。返還額を減らして手早く和解する内容で、業者のメリットは大きく、法律事務所も多くの依頼を処理できる。その一方…」


要するに、ごく一部の弁護士・司法書士が、消費者金融と提携していた、という記事です。



うちの事務所にも、「今後の過払い請求について、包括的な話し合いをしたい」と何度か電話がありました。


うちの事務所規模にさえ、そのような申出が消費者金融から来るのですから、、、この記事は本当の事なのかもしれない、と思ってしまったのが正直なところです。


1.基本は満額回収
2.法律的にもっともな理由があれば減額に応じて
3.過払金額について合意するかしないかは、毎回依頼者さんに確認
4.最後までちゃんとやる


うちの方針ですが、当たり前の事ばかりですね。


一部の弁護士・司法書士が、このような不祥事を引き起こしているとすれば、それは多重債務者に対する二次被害です。

尼崎市の司法書士 山北健司さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]