おはようございます?(・∀・)

 

恋愛・夫婦等男女関係相談、親子関係・毒親・育児等の家庭生活相談、うつ病等の精神疾患相談、不眠症等の総合睡眠相談・短眠カウンセリングが得意分野。


ワイエスハートケア代表《メンタルマイスター》の吉岡です。



僕は90分ベースの本睡眠です。 

パートナーは2時間ベースの本睡眠です。



睡眠時間が短くなることによる心身不調は2人とも一切ありません。


睡眠不足でも睡眠負債でもありません。

(⬆3段落分毎回話しがついてきます)(-∇-)




で、短眠者(いわゆるショートスリーパー)は、色々な恩恵があります。

シリーズ③つ目のお話です。




ででん!!



ショートスリーパーとは、睡眠時間が短くなるだけじゃないのです(๑`・ᴗ・´๑)



ショートスリーパーって、睡眠不足だからうつ病になったり過労死しちゃうんじゃないの?...

眠らないと疲れが溜まって睡眠負債が...

と、疑問に思う方がめちゃくちゃ大多数だと思います。



まず、睡眠と身体の疲労回復は関係ないという結論から入ります。



ショートスリーパーになることで得られる恩恵③


『通常の生活上、疲れることがなくなります。』




この恩恵③は、睡眠と疲労の関係性を理解して、疲れない心作りをします。



睡眠と身体疲労が関係ない。

つまり、ぼくらショートスリーパーは過労死しないんですよ。



これも例をあげましょう。


1)パートナーは、ショートスリーパー歴5ヶ月(内、2ヶ月は2時間睡眠ベース)で、自分の目的のために週5、1日15~17時間仕事をして、1日1.5時間勉強しています。


2)ぼくは、ショートスリーパー歴1年11ヶ月(内、1年5ヶ月近くは90分睡眠ベース)で、前年度の冬は、1日15~18時間仕事をして、資格予備校にて週3日、3時間の勉強をしてました。



はい、それでもぜーんぜん元気に過ごしています!



睡眠と身体疲労、精神疲労、脳疲労についても理解し、より良い睡眠の質の向上を実践してるとショートスリーパーにさらに近づくということです。



ショートスリーパーのメリットその③のご紹介でした。

フリフリ((ヾ(・д・。)マタネー♪




横浜市/ワイエスハートケアのホームページ

横浜市/ワイエスハートケアの睡眠ページ

横浜市/ワイエスハートケアのお問い合わせページ