ご新築されたばかりのS様邸にお邪魔いたしました。

 

 

風格のある外観がとても趣のある佇まいです。

 

 

玄関を開けると、吹け抜けのリビングで、開放的な大空間が目に入ります。

 

 

 

中央には”ヌシ”ソファを置かれています。

 

 

 

名前の通り、家の「主」となる、日本の粋を集めたソファです。

 

 

 

ブラックウォールナットのフレームと、汎布の生地の組み合わせが落ち着いた印象。

 

木製フレームは飛騨高山で作られ、クッションにはスモールフェザー、ラダーバックフォーム等を使用し、もっちりとした弾力性のある極上の座り心地を体感出来ます。

 

 

生地は倉敷製の汎布にヴィンテージ加工を施していて、使い込んだ風合いを楽しんで頂けます。

カバーリング式なので、ご自宅で洗濯機で洗えるのもうれしいですね。

 

向かえ側に置かれているのは、”ライチョウ”TVボードです。

 

 

匠の技が光るエッジが効いたデザインと、節ありの木目が通った、木の表情が美しいボードです。

前板には突板ガラスを使うことで、扉を開けなくてもリモコン操作が出来る使い勝手の良さも持ち合わせています。

 

 

 

ダイニングテーブルには洗練されたスチールレッグと、グラデーションの天板が上質感漂うオーダーテーブルを。

 

 

スチールレッグのインダストリアル感と、細身のラインが繊細で、絶妙なバランス感覚でデザインされています。

 

 

表情豊かな天板は他には類を見ないテーブルです。

唯一無二の存在感を醸し出しています。

 

それに合わせられたのはハーフアームのラムズチェア。

 

 

背板からアームに繋がった、曲線のラインがデザインのアクセントでもあり、肘乗せとしても大変機能的なチェアです。

ハーフアームだと出入りもしやすく、使い勝手もとても便利です。

 

 

S様は伸びやかな空間にデザイン性や機能性にも優れた家具選びをされ、快適な暮らしを実現されました。

 

 

新型コロナの影響で家にいる時間が長くなった昨今です。

ステイホームが、住空間や環境問題に対する価値観を上げた良い機会になり得たと、ポジティブに考えられたらと思います。

私共が少しでもそのお手伝いを出来ましたら大変光栄です。

 

お忙しい所撮影にもご協力頂きまして、誠にありがとうございます。

 

またのご来店を心よりお待ちしております。