今回は熊本市の中央区にお住いのM様邸にお邪魔させて頂きました。

 

閑静な住宅地の中でもお洒落な外観が目を引きます。

 

 

リビングルームには、ウェグナーデザインのエクステンションテーブルCH006を置かれています。

 

 

 

クリーンなラインと熟慮された意匠。サイズとフォルムの変更を可能にする、機能性に富んだデザインです。

 

 

伸長板が天板の両端に装備されています伸長板は半円形で、取り外しも可能です。

取り外すと1350cm×90cmのスクエアテーブルにもなります。

 

 

オーク材の木目もナチュラルで、落ち着いた印象です。何処を触っても角がなく、丸いフォルムなので、手触りも滑らかです。

 

 

 

こちらは同じくハンスJ・ウェグナーのデザインによるCH23チェア

67年前にデザインされた椅子でありながら、現代の生活にも自然にフィットする、タイムレスな美しさをもつチェアです。

 

 

曲線を描く座面に沿って編まれたペーパーコードと、背板に向かう後ろ脚のなだらかな曲線の美しさ、組合せを楽しんでいただける背板のキャップ、機能性とデザイン性を備え、どんな空間にも寄り添う、柔らかいフォルムの椅子です。

 

 

 

対面にはCH24とCH88チェアを。

 

 

お馴染みのYチェア

ハンス・J・ウェグナーの代表作にしてベストセラーの通称「Y チェア(ワイチェア)」名前の由来は背を支える支柱が"Y"の字をしていることからそう呼ばれています。

美しく描かれたフォルムは優しく、空間にしっくりと馴染みます。手入れを施すことにより、生涯使い続けることができるチェアです。


 

 

ウォールナットのフレームが大人っぽく、落ち着いた雰囲気です。

革のシートクションを置くとお手入れも楽ですね!

 

 

その横にはスッキリとしたフォルムとのCH33チェアが置かれています。

無駄を省くことから生まれた優雅なフォルムと至極のコンフォートが、日常を特別な時間に変える一脚。

 

 

 

 

 

 

ナチュラルで広々としたリビングは、ご家族の寛ぎの空間です。

 

 

M様邸は自然素材を生かした気持ちのいいお宅でした。

 

優しいご両親に見守られ、元気で可愛いお子様たちが、このお家で健やかに成長されることでしょう。

当店で選んで頂いた家具も、ご家族と共に年を重ねて行くことをスタッフ一同楽しみにしています!!

 

M様、またのご来店心よりお待ちしております。

 

このコーディネートで使用されたアイテムはこちら↓

(CH002はCH006のサイズ違いになります。)