ドイツの言葉に 

「にもかかわらず笑う」
があるそうです。

笑いたくないときに笑うってことですね。

笑えない状況化では
呼吸が浅くなり、肩こり、頑張ってないときも歯を食いしばっている状態です。

睡眠のときに歯ぎしりをする人は体が常に力んでいる状態。
そんな状態では熟睡できず、疲れが取れるわけないんですね。



先ずは己を騙す!

そのためにドイツの言葉で

にもかかわらず笑いましょう!

このようなことはお釈迦様も言っています。

辛いことを抜け出すには己を騙す。
メンタルを先に解決するよりも、
身体から幸せな未来設定をすることが何より効果的で早道です。