MR-Sスノー用スプリングフィーリングレポート | ラリーというスポーツを精一杯楽しみたいのです

ラリーというスポーツを精一杯楽しみたいのです

ラリーを始めてみたい人の道しるべになれば幸いです。


HALspringさんのsnow用(オレンジ色)
低いバネレートでロングストローク
車高が+30㎜
雪上を走ってみると
①ブレーキが良く効く
②ハンドルが結構効く
③多少の深さの新雪は入っても大丈夫
と言った感じのまとめに成ります。

まず①ブレーキから
雪道で怖いのがブレーキロックでハンドル効かなくなる状況。
この足では、ブレーキ踏みはじめからスプリングで外乱をいなしながらコントロール出来るので、ロック付近の調整がしやすいです。
又、スプリングが伸びる方向にもスムーズに働くので轍や部分アイスにもうまく追従しているのを感じます。
次に②ハンドリング
雪ですので荷重移動しにくいのが普通なのですが、このスプリングはブレーキ効きやすいことも相まって、ノーズダイブ出来ます。
ピッチング(前後の揺れ)方向の動きを付けて荷重移動が出来るので、タイミングを合わせてハンドルを効かせる事が出来ます。
ちなみに、人間の体を揺らして(舟漕ぎ)トラクションを駆けられるかも(笑)
最後に③多少の新雪も何のその
これまでは、新雪にタイヤを入れるのはブレーキ効果を狙った時だけでしたが、車高の高さと良く伸びるバネのおかげで、積極的に新雪にもタイヤを入れて行けるように成りました。
多分誰よりもコースを広く使って走ってます。
インもアウトも新雪を削りながらグイグイ行けるので、た・の・し・いーーーーっ!

ミッドシップの車でこれだけ走れるのは、本当に嬉しいです。

とはいえ、ノーマルサスペンションがベースなので
舗装道路を通常に走るにはグニャグニャしている感覚が有ります。
私はコレも好きですが、ダイレクトな足が好みの方には受け入れ難いかも知れませんね。

しかし、このスプリングの考え方の延長線上でダートも行けそうな気がします。
色々夢が膨らみますね👍