ミッドシップの乗り方 続編 | ラリーというスポーツを精一杯楽しみたいのです

ラリーというスポーツを精一杯楽しみたいのです

ラリーを始めてみたい人の道しるべになれば幸いです。

 

ミッドシップの乗り方として、以前に
と話を書きました
簡単ではありません
自分が今まで限界と感じていたより高めな速度でフロント荷重を薄いままカーブへ進入するのですから。
しかし、どうやったら実現出来るのか?
常に考えトライを続けた結果、あるライン取りで実現出来ることにたどり着いた。
誤解を恐れずに最も簡単に言うと、すべて最短距離でラインを繋いでいく感じ
ストレートの速度はエンジンパワーとかで変えようが無い
各コーナリングのボトムスピード、つまり一番速度が落ちる所を出来るだけ下げない様にハンドルを出来るだけ切らないライン取りをする
 
このために必要な運転技術は「車幅感覚」!!
左タイヤが運転席から見てどの位置にあるのか、タイヤとボディはどのくらいどっちか出ているのか?
それをしっかりと把握しておくこと。
基本ですがこれをしっかりしておくことで、コースをデッドに攻められるのです。
 
タイヤがイン側の縁石に乗っても、ボディと山肌までは結構距離があったり、タイヤだけでなくボディの角度やロール(横方向の傾き)の状態も把握して走ると狭い道でもかなり直線的に走ることが出来ます。
 
フロントタイヤは殆ど滑らず鼻先の向きを変え、アクセルオンによりじわりとリアータイヤが外へ、結果的にフロントタイヤの跡をリアータイヤが通る様な理想的なライン取りを出来るのは
ミッドシップならではかも知れませんね🎵