自社の強みと弱み

テーマ:

いつもご依頼いただきありがとうございます。

 

平成も残すところ僅かとなり、お陰様で弊社も3元号を迎えようとしております。

 

昭和40年に創業して以来、激動の平成を新たな挑戦を好むお客様と共に過ごさせていただきましたお陰で

この10年で大きく変化を遂げた企業となることができました。

 

新たな元号を迎えるにあたり、更なる成長を持続する為にも、先日社内で自社の強みと弱みを再認識してみました。

 

 主な強みとして

 

・イレギュラー業務への対応力

・多彩な運送外業務の実績があり、いち運送会社でなく物流パートナー化ができる

・輸出入貨物への対応力(デバンから輸出梱包・バン詰めまで)

・新たな業務への挑戦を好む前進型企業(梱包屋から始まり総合物流業へと転換)

・社員の成長力

 

 などがあがります。 

 

主な弱みとしては、

 

・コスト優位性がないこと(コスト第一で勝負していないため負けることがある)

・実績はあるが小規模業者の為、ネームバリュー、ブランド力が弱い

・重量物物流への特化により軽量品が不得意となる

 

自社の弱みを再認識して次の段階へとステップアップしていきたいと考えております。

 

                                           

日々感謝。日々成長。

YOSHIHARA PACKING EXPRESS CO.,LTD