2010-04-27

アリス・イン・ワンダーランド

テーマ:外国映画【あ行】
世界はもう、
マトモではいられない…。






ルイス・キャロルの名作児童文学「不思議の国のアリス」とその続編「鏡の国のアリス」。ふたつの物語をベースに、鬼才ティム・バートンが19歳に成長したアリスの冒険を描いたファンタジーアドベンチャー。



6歳の頃にワンダーランドで繰り広げた冒険を忘れてた19歳のアリス。ある日、社交パーティで求婚されるが返事に困り逃げ出してしまうが、チョッキを着た白うさぎを見つけ追いかけているうちに誤ってうさぎの穴に落ちてしまう。辿り着いたとこは”アンダーランド”と呼ばれているかつてのワンダーランド。しかし、そこは赤の女王に支配された世界だった・・・。




赤の女王の支配下から、アリスが救世主となるべく・・・というストーリーだ。テーマとしては現実逃避のアリスの決断と成長の物語といったところか。

華やかだが毒々しいポップな色彩の不思議な国とそこにいる奇妙な動物たちとアトラクション的不思議カラーはかもし出しているが、特筆すべきことは特に何もない。赤の女王より白の女王のほうが悪く見えてしまうのは何かの皮肉なのか?

映像は最近流行の3D上映もあるが、2.3Dくらいの映像であえて3D上映する必要があるのかと感じてしまうほどだ。


個人的には毒したりせず、夢夢世界なアリスのお話にしてほしかった。


評価:★★


原題:Alice in Wonderland
監督:ティム・バートン
原作:ルイス・キャロル「不思議の国のアリス」、「鏡の国のアリス」
出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーター、クリスピン・グローバー、マット・ルーカス、アラン・リックマン、スティーブン・フライ、マイケル・シーン、ティモシー・スポール、クリストファー・リー・・・他
製作国:アメリカ
配給:ディズニー

【アリス・イン・ワンダーランド】
http://www.disney.co.jp/movies/alice/


評価・紹介No.:2010-076
アリス・イン・ワンダーランド (竹書房文庫)/脚本 リンダウールヴァートン
¥650
Amazon.co.jp

アリス イン ワンダーランド 公式ビジュアル・ガイド (INFOREST MOOK)/ジョー・ケイシー
¥1,680
Amazon.co.jp

アリス イン ワンダーランド ビジュアル メイキングブック/マーク・ソールズベリー
¥4,935
Amazon.co.jp

ALiCE IN WONDERLaND/サントラ
¥2,600
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

七海見理さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。