ママ友との出来事

テーマ:
 今のところ私の唯一のママ友であるHさん。

 今日は一緒に毎月1回開催される赤ちゃん相談会へ行った。

 うちの子とママ友の子供は生まれが9日しか変わらないので情報も共有できるし何かと心強い。

 いつものように保健士さんに身長・体重・頭囲・胸囲を測ってもらった後、成長の具合を診てもらい、その後気になる事を相談した。


 愛娘はほぼ順調に育っているのだが、一つ気になる事は「離乳食

 現在まだ母乳だけで育てており、離乳食なるものは始めていない。

 あと数日で5ヶ月になるので、「そろそろかなぁ~」と思いつつも、「まだ母乳だけでいいか~」と思ったりと心が揺れ動く。

 保健士さんによると、そろそろ開始の時期ではないか、とのことだった。

 「やはり、そーきたかぁ」 予想通りの答えだった・・・。


 私が相談する横でママ友も保健士さんに相談していた。

 聞くつもりはなかったが内容が少し聞こえてきた。

 どうやら、子供がダンナになつかない、とのことらしい。

 何でも、ダンナさんは一生懸命育児をしているになつかないとのこと。

 保健士さん、「全然育児してくれなくてなつかないんだったらわかるけどねー。

 まあ、そのうちなついてくれるでしょう!」

 少し無責任な返答と思ったが、こればっかりはダンナさんが越えなければならない山なのかもしれない。


 “ がんばれ~ ママ友のダンナ ! ”

 心の中でそうつぶやいた。


 相談会終了後、帰宅してからママ友と一緒に子供をベビーカーに乗せて家の近くを散歩した。

 少し風が強かったが、春を感じる日和であった。