高速バスに優先席導入を要望してみました…♡ | 3人で居れば晴れ~遠位型ミオパチー&車椅子ウォーカー(車いすウォーカー)

3人で居れば晴れ~遠位型ミオパチー&車椅子ウォーカー(車いすウォーカー)

NPO法人PADM(遠位型ミオパチー患者会) 代表と、
車椅子ウォーカー 代表 織田友理子のblogです。

進行性の筋疾患のため、簡易電動車椅子を使っています。
2006年8月に男の子を出産しました。

今日から夫の実家がある
長崎の佐世保に帰省です。
羽田から飛行機で来ました。

で、空港から佐世保まで
高速バスに乗ったのですが。

高速バスって便利ですよね。
乗っちゃえば目的地まですぐ☆
一直線です。

しかしそもそも、
高速バスはノンステップでもなく
リフトなんぞ付いていないので
夫が3~4段の階段を、
抱っこしてくれて着席。
車椅子は畳んで
バスの荷物入れに。

という困難さが付きまといます。


(ケニアで乗ったバス大変でした~①)


乗る時はいつも運転手さんに

「一番前の席を
空けておいてもらえませんか?」
とお願いをします。
快く皆さん対応してくださいます。

しかし!

今日利用した運転手さんは
「このバスは自由席なので、
自分で席を探してください。」
と、既に前のバス停で
人が多く乗っておられたので、
奥の席を指されました。

あたふたと席を探す夫。
を道路から見ていた私…。

今まで言われたことなかったので
おおお。とおののいてしまいました(笑)

私を抱えながら
狭い通路で奥まで行くか?
夫気の毒だなぁ…
困ったなぁ…
腰痛めないかなぁ…
勇気を出して
自分でお願いしてみようかな?

ところが!

私たちの姿に気づかれた
最前列の方がすぐに
席を譲って下さいました☆彡
有難かったな~優しい方~
無事に最前列に着席させて頂きました。



(ケニアで乗ったバス大変でした~②)


しかしそもそも、
どうしたらバスが少しでも
使いやすくなるのかな?
と到着までグルグル考えていました。

今ある状況で、
できることから一歩ずつ。。。


奇遇にも、同病者の方が
同じバスに乗られていて
感動の再会だったのもあり。
(今年の4月にもお会いしたけれど)
その方は少し歩きづらくされています。

空港から主要都市まで
バリアフリー対応された
電車、バス等のワンルート確保は
議員さんや行政のパブコメ等で
度々要望しているのですが
なかなか実現してもらえません。。。

リフト付きのバス、
高いみたいですからね~。。。


(これはリフト付き観光バスです)

運転手さんに文句言っても仕方ないな。。。
クレームに取られないようにと注意しながらも、
到着後にお偉い方とお話させて頂きました。

要望したのは
①運転手さんに移動が困難な方への理解促進
②最前列に優先席を設け、それを表示してもらう

特に②は、
「座席上部の白いカバー等に
~優先席です~と表示して頂けたら、
障害者だけでなく、お年寄りや、
赤ちゃん連れや、妊婦さんや、
移動が大変な方が
助かると思うのですが…
関東の高速バスでは
導入されているのを見掛けます。」

と提案させて頂いたところ、
「それいいですね、
路線バスなんかではありますが
高速バスでされている所が
あるのは知らなかったです。
すぐに上部に伝えさせて頂きます。」
と!!!

すっごく謙虚で真摯な方で
きちんとお話聞いて下さったのです~♡
この方とお話しただけで、
素敵な会社だなと思いました!

昨日のブログに書きましたが、
「進行しても、友理子は 
外に出続けなくてはいけないよ。」
との夫の言葉を裏付けるような?
エピソードが早速ありました♡

車椅子で動く程に、
気づかされ学びがあります。

次利用する時までに、
高速バスの優先席が
お目見えすると嬉しいんだけどな~♡