用意不用力
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

荒野シリーズ完結して

3年間3部作舞台荒野シリーズが遂に完結した。

燃えあがり、燃えひろがり、燃えつきる。
残ったのは事実の歴史。

僕らの舞台も心と記憶に残るものになっただろうか。
自分自身にとっては間違いない。この作品に関われた事を幸せに感じている。
全ての人に感謝いたします。

3年間共に生きてきた敷島次郎ともお別れの時。虚無感が半端ない。

「次郎が死んだ時、満州の夢も消えた」
「全て背負って生きていくしかないんだ」

生きていきます!新たな夢に向かって!

本当にありがとうございました!!















舞台燃えつきるシリーズ完結編

舞台『燃えつきる荒野』




脚本・演出・美術

森井睦


直木賞作家・船戸与一氏からその全作品の舞台化・上演を認められ「砂のクロニクル」をはじめとして、「蝦夷地別件」「新宿・夏の渦」と上演してきたピープルシアターが、氏の遺作となった「満州国演義」全9巻を三年間に亘り三部作として上演する大型企画もいよいよ完結編を迎えます。


五族共和の名のもとに、満州国という理想の国を創り出そうとした多くの若者たちの夢と希望が、様々な権力闘争と、揺れ動く時代の奔流の中で、無残に、歴史のはざまに棄てられ埋没していく姿を描くことで、ドロンとした今の、この現実の「日本国」と言う社会で少し見え始めている光と混じり合い、何かが見えてくるのではないかと思っています。


日本の敗戦により満州国が終わりを告げて73年、満州国に夢を見た人や満州国で生まれそこで育った人たちが次々と亡くなっていっている今こそ、私たち日本人にとって満州国とは一体何だったのかと何を夢見て、何に未来と希望を託したのかを、歴史的にも、社会的にも、もう一度見直す時が来ているように思われます。


揺れ動く時代の奔流の中、歴史のはざまに棄てられていく若者たちを描く三部作の完結編にご期待ください。


物 語

敷島四兄弟、長男の太郎は満州の領事館に務め将来を嘱望されている。

三男の三郎も、満州で軍人としてその正義感と誠実さによって頭角を現し、エリート街道を走り続けている。

一方、次男の次郎は馬賊となって、たくさんの部下と共に満州の地を暴れ回っていたが、敵の策略にはまり組織は壊滅、その仇討を果たしてからは無目的な日々を過ごしている。

四男で大学生の四郎は日本にいたが、ある事をきっかけに大陸へ渡る。


四兄弟は、それぞれの信念と理想を持ちながら、満州国へと巻き込まれてゆくのだった



日時

2019/10/30 () 2019/11/04 ()


1030() 19:00 

1031() 19:00 

111() 14:00 / 19:00 

112() 14:00 / 19:00

113() 14:00 / 19:00

114() 14:00 

いずれも 受付開始:開演の1時間前  開場:開演の30分


チケット

前売・当日とも ,500円

シニア(65歳以上) ,000円

学生3,500円

 ※シニア券・学生券は劇団扱いのみ

当日、年齢を証明できるもの、学生証(各種学校可)をご提示ください。


日時指定、自由席。


本公演を2回以上ご覧いただける方は【リピート料金】として2回目以降3,000円。

但し2日()14:00及び3日()・4日()はリピート料金対象外となります


劇場

シアターΧ(カイ)



二宮聡、片平光彦、蓉崇、坪田秀雄、城戸光晴、谷川俊之、伊東知香、前田真里衣、大宙舞、山本篤、藍アキラ、野口尋生、桶谷憲司、高井康行、太田直人、葉月結子、清水久未、若林秀男、乃池ヒロシ、小森理、元木雁二朗、鴨崎信幸、西巻大佑、瀧村明鈴、森井睦


遂に完結です!お見逃しなく!


チケットの予約はこちらから宜しくお願いいたします。


https://ticket.corich.jp/apply/103290/013/


詳細

http://www.theaterx.jp/19/191030-191104t.php

舞台「道雪」

久しぶりの時代劇です!!
豪快な男達が豪快に暴れます!
正義を信じ不器用に生きて戦う戦国の武将達!
刮目せよ!!

THE☆JACABAL'S公演

『道雪』

作/阿部ぽてと
演出/重住燎

【劇場】
東京・両国 シアターX(カイ)

【日程】
2019/10/2(水)~10/6(日)

2日(水)19:00
3日(木)14:00/19:00
4日(金)19:00
5日(土)13:00/18:00
6日(日)12:00/16:00(完売)キャンセル待ち
 
※受付開始・当日券の販売は、開演の60分前、開場は開演の30分前です。 

【料金】
全席指定席 (当日・前売共)
6000円

【道雪公式HP】

【あらすじ】
天文19年…戦国時代…九州は大友家…冬…その日一人の武将が大友家当主に殺害された…

男の死は波紋を呼び、内乱、そして九州侵略を狙う者達との次なる戦を招く。

死んだ筈の男の名が更なる謀略を生み、そして戦を生む… 

男の名は…“道雪”

【CAST】
慈五郎
新宮乙矢
すがおゆうじ
出口雅敏
小黒雄太
伊智生士冶
小田伸泰
渡辺健
スガマサミ 

関根優那
千葉ミハル
森本栞菜
尾形歩南
中﨑絵梨奈

宮田幸輝
小松雅樹
米千晴
梅田喬
阿部ぽてと
田畑潤弥
臼井恋太朗
近藤修大
宮嶌秀彰
佐藤友春
間部正太郎
渡邉将太朗

石坂勇
大槻ヒロユキ
蓉崇
ジェームス小野田
石田武
月登
永澤俊矢


おまちしております!

舞台「道雪」楊崇チケット予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/dousetsu?m=0afdhaj



舞台『燃えあがる荒野』

ピープルシアター第65回公演

舞台『燃えあがる荒野』

2017年10月18日(水)~24日(火)


満州と聞いて何を思いますか?

私達の知らない戦争、侵略の歴史。

五族共和の名のもとに、満州国という理想の国を創り出そうとした多くの若者たちの夢と希望が、様々な権力闘争と、揺れ動く時代の奔流の中で、無残に、歴史のはざまに棄てられ埋没していく姿を描くことで、ドロンとした今の、この現実の「日本国」と言う社会で少し見え始めている光と混じり合い、何かが見えてくるのではないかと思っています。


{32830ED0-347B-4CDA-BCA3-D4DA57ED2F41}

{77F91664-0BE5-46CD-A5F8-1F3A02D6C2A1}


ベストセラー作家、船戸与一氏から全ての作品の上演を認められたピープルシアターが、氏の遺作となった「満州国演義」全9巻を三年間に渡り、三部作として上演致します。


ストーリー

敷島四兄弟の長男・太郎は満州の領事館に勤め将来を嘱望されている。
三男・三郎も、満州で軍人としてその正義感と誠実さによって頭角を現し、エリート街道を走り続けている。
一方、次男の次郎は馬賊となって、たくさんの部下と共に満州の地を暴れ回り、兄弟と連絡を取ることもなく人生を愉しんでいる。
四男で大学生の四郎は日本にいたが、ある事をきっかけに大陸へ渡る決心をする。
四兄弟は、それぞれの信念と理想を持ちながら、満州国へと巻き込まれてゆくのだった…。


出演者 

いしだ壱成、二宮 聡、片平光彦、蓉 崇、坪田秀雄、市川博樹、よこやまよしひろ、城戸光晴、谷川俊之、伊東知香、前田真里衣、大宙 舞、西丸亮、片岡伸吾、山本 篤、梶野春菜、高 陽子、法月輝美、坂口和也、桶谷憲司、成沢 心、高橋志朗、南 貴子、腰山円翔、日名子祐多、山田知明、中山健吾、鴨崎信幸、元木雁二朗、吉田 萃、森井


スタッフ

原作:船戸与一(「満州国演義」より)

脚本・演出・美術:森井

衣裳:遠藤奈津美

音響:伊藤秀明

照明:光田卓郎(光☆工房)

宣伝美術・写真:得丸裕康、古屋帆船

映像記録:Yann Moreau

制作:飯野よしえ

企画・制作:鎌田中人、ピープルシアター


会場

シアターΧ(カイ)

{82665045-655C-45F5-8822-B5546EE25A59}

130-0026 

東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア内


{4DAE6A9C-7043-4CB0-AA4F-D4DB8827EA00}

1018日(水)19:00

1019日(木)14:00/19:00

1020日(金)14:00/19:00

1021日(土)14:00/19:00

1022日(日)14:00 完売

1023日(月)19:00

1024日(火)14:00

開場は開演の30分前


料金

前売・当日4,500円 

劇団扱いのみ

シニア(65歳以上)4,000

学生3,500

リピート2,000円(土曜マチネー、日曜を除く)

日時指定、自由席。

当日券は1時間前より発売。

スタンド花・アレンジ花ともに劇場の規定により入口・ロビーに設置できませんので、

ご遠慮いただくようお願いいたします。



学生時代からの盟友、坪田秀雄とも初共演です!!


熱い3部作が始まります!


チケットのご予約はこちらからお願いいたします。

または自分にメールをください。



もうDVDプレイヤーは要らないネットの時代だと思って頑なに買わなかったが、みんなDVDで資...

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>