【小説】支払いはステーブルコインで 瀬奈社労士探偵事務所 第5話⑩ | 節約アドバイザー ヨースケ城山ブログ

節約アドバイザー ヨースケ城山ブログ

転職により、大幅な年収ダウン しかし節約の本も出している著者は違った!!いかに生活費を押さえ、楽しく生活していくのかを実践してきた節約アドバイザーの著者が今度は節約だけではなく転職活動、著書、社労士、FPのこと語ります。



第5話 賞与・有給・退職金 夢見る就業規則


★離職票
 
 4月1日になった。秀子の離職日だ。特に何があるわけではないが、瀬奈は昔の事を思い出した。


 俺も若い頃、お世話になった会社の退職に当たり、有給休暇を取得して、離職日に本社へ行って社員証や健康保険証、社用携帯などを返却しに行ったものだが・・・秀子はどうしているのかな?と思っていた。

 あとで聞いたところによると秀子も離職日に本社の人事部に行ったらしい。私と同じように返却物を返しに行っただけだったが、本人曰く、ひと悶着あったらしい。


 最後だから人事部で散々会社の悪口を言って帰ってきたらしい。本人の話だから、誇張もあるとは思うが、人事部からも
 

「それ以上、悪く言うと名誉毀損で訴えますよ」とか「離職日以降に弊社の敷地に出入りした不法侵入で警察を呼びます」などと言われたらしい。
 
 いったいどんな悪口をいったら、そんな事になるのか・・・


 立つ鳥跡を濁さずのことわざは何処へ?

 そして1週間が過ぎた頃、秀子から、連絡が入った。離職票と離職証明書が届いたらしい。


 やはり、退職理由は自己都合だった。やはりそう簡単には会社都合にはさせないらしい。


 秀子はというと、もう完全に怒髪天を突くモードに突入している。

 「あんだけ、何回も主張したのに、ふざけているわ!絶対に負けない」と繰り返している。


 瀬奈は「タイムカードと給与明細は6ヶ月分揃えていますよね。あとは賃金台帳があれば会社都合としてひっくり返します。離職票にも6ヶ月分の賃金が記載されてますが、これを裏付ける帳票が絶対必用です。すぐに手に入れてもらえますか?」


「わかりました」と言ってから、数分後、連絡が入る「今日、発送してもらえるそうです」と息を切らしながら秀子が言った。
 
「よくそんなに簡単に手に入りましたね。賃金台帳は入手が難しいんですよ」と瀬奈が言った。


「でも、先生、最初に言ったじゃないですか?労働基準監督署に言いますよって言えば大丈夫と・・・」


瀬奈は驚いた。

 そうは言ったが、会社側も会社都合にされては困るので、普通はのらりくらりとかわすものなのだが・・・秀子の労働基準監督署へのちくりが会社にはそんなに恐ろしいのかと身震いがした。


 確かに秀子が労働基準監督署に行ったら、あることないことしゃべるだろう。


 それを会社は恐れたのだ仮にも10年以上も在籍していた社員である。会社の悪いところもいっぱい知っているだろう。


 また離職日に人事部を怒らせた言葉は会社の核心をついたものだったのかもしれないなと瀬奈は思った。



LINEノベルで全文が読めます。

                

人気ブログランキングに参加しています。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ



各種書籍販売中です。画像をクリックしていただくと詳細ページにリンクします。


給料そのままで「月5万円」節約作戦!!表紙