【小説】支払いはステーブルコインで 瀬奈社労士探偵事務所 第5話⑥ | 節約アドバイザー ヨースケ城山ブログ

節約アドバイザー ヨースケ城山ブログ

転職により、大幅な年収ダウン しかし節約の本も出している著者は違った!!いかに生活費を押さえ、楽しく生活していくのかを実践してきた節約アドバイザーの著者が今度は節約だけではなく転職活動、著書、社労士、FPのこと語ります。



第5話 賞与・有給・退職金 夢見る就業規則


★話し合い

 村上さんが就業規則と退職金規定をもって現れた。


 瀬奈はまず就業規則に目を通す。そして退職金規程に目を通す。


「なるほどー、就業規則上では村上さんがいうほど、ブラックな会社ではなさそうですね・・・」


「こういう書類だけは揃えるのが得意なのよ、この会社は!」


「退職金もそれなりに出ますしね。計算方法や条件まで書いてある。この退職金規定も皆さんに配られるものなんですか?」


「そうよ、うちはこんな立派な会社なんですよと言うのをアピールしているのよ、たかが書類位で!」


「いや、しかし、なかなかここまでしっかりした会社はないですよ。就業規則を読むと、労働基準法以上の条件ですよ。有給休暇も3年間持ち越しできますしね。普通は2年間です。これだけでも素晴らしい」と瀬奈は会社を褒めちぎる。
 
 しかし秀子は「何が、いい会社よ、2時間もかけて通勤させて、残業だって過労死ラインを超えているじゃないの」と秀子は納得が行かない。

 瀬奈は「それでは報酬の話をしても良いでしょうか?」まだブツブツ言っている秀子に説明する。


「まず1つ、私は報酬はステーブルコインでしか受け取りません。2つ目は報酬は村上さんが受ける利益の10%になります。これでいかがでしょうか?」


「ああ!?ステーブルコイン?なんですかそれは?そんなの聞いたことが無い。私は現金がいいんだけど!」


「村上さん、スマホはお持ちですよね?」穏やかに話しける瀬奈


「一応、持ってはいるけど使いこなせてはいないよ、電話とメールくらい」


「なら大丈夫ですよ。私の方で設定をしますので、ようちょ銀行の口座は持っていますか?」


「ようちょなら持ってるけど・・・」口を尖らせながら言う秀子


「簡単に説明するとスマホで送金出来る電子マネーです。スイカと同じですよ」とにこやかに話しかける瀬奈

「その支払い方を全部、先生がやってくれるのはいいんだけど、私がどの位、得をするのかをまだ聞いてなかったですわ、教えてくれる?」


「私の試算ではおよそ240万円は得します」

 思いもかけなかった金額にびっくりする秀子


「自己都合と会社都合でそんなに違うものなの?」


「ええ、もちろんそうですよ。会社都合による退職の場合、村上さんは10年以上の被保険者期間があり、年齢的にも270日間分が受け取れます。村上さんの給料から計算すると一日8,000円もらえますので都合、216万円もらえる事となります。


 一方自己都合だと120日間となります。この場合は96万円となり、その差額は120万円程になります、これだけでも十分魅力的ですよね」と瀬奈
 
「あとの120万円は何?」と秀子が聞く。


「簡単に言うと、有給と賞与と退職金です」


「それが増えるの?」


「はい増えます。辞める時期さえ間違わなければ・・・」就業規則に目を通しながら瀬奈が呟いた。

「就業規則と退職金規定を読んでわかりました。11月30日を最終出勤日にしましょう。今は8月なので、10月末に退職届を出してください。そして最終出勤日までの2ヶ月間はがむしゃらに働いてください。


 いくらでも残業してくださってもいいですよ。絶対に80時間超えることが条件です。退職理由は2時間超える通勤時間と80時間を超える時間外労働の為と書いて下さい。ポイントは一身上の都合などとは書かないことです」
 
「わかったわ」と真剣にノートを取る秀子


「でもなんで11月30日が最終出勤日になるの?」と当然の疑問をぶつける秀子


「そうすると退職日を4月1日に出来るからです」と自信たっぷりに話す瀬奈


 秀子は困った顔で「わからないわ?どうして退職日がそんなに遅くなるの?」

「それは有給休暇が使えるからです、村上さんの会社の就業規則を読んだら、有給休暇の付与日は1月1日、今、現在村上さんには60日分の有給休暇があります。12月は20日間有給消化して、40日になります。


 しかしまだ在職中なので1月1日にはまた20日間の有給休暇がつきます。2月は稼働日数が少ないので1月1日時点での60日の有給休暇は4月1日までとなります。有給だけでも20日分得をする計算になります」


「そう言われるとそうね。有給休暇の付与日なんて考えたこともなかったわ」と満足そうにうなづく秀子

「そして来年の夏の賞与の支給条件が3月31日に在籍していることになっています。これで来年の夏の賞与まで受け取れますよ」


「そんな先の賞与までもらえるの!」


「そうです。しかもそれだけじゃないんです、退職金規定では毎年4月1日を起算日として在籍者にポイントが加算されると書いています。つまり1年分の退職金を追加でゲットできるという訳です。そうして積み上げていけば有給20日分で25万円、来年の夏の賞与で50万円、追加の退職金で50万円増えるという訳です」

「すごいですねー」と秀子は一回手を休めていた手を再びノートに向かって書き始めた。


 瀬奈の話したことをノートに書き留め、見直した後に「約245万円も得しますね」と秀子は言った。
 
「この国は制度をうまく利用した人が得をする仕組みになっています。無知なら食い物にされるだけです。しかし逆を言えば制度を知っていれば国を食い物に出来る」といつもの決め台詞を言った。


「全くですね。私も同感です」と秀子も答えた。
 
「そうですね。せっかくですから、これを機会に引っ越しも考えませんか?」


「引っ越し?引っ越しは考えていなんですけど・・・」と怪訝な表情を見せる秀子


「いや、実は私、こう見えて住宅ローンアドバイザーの資格も持っているんですよ」


「はあ」と気のない返事をする秀子
 
「単刀直入に言います。退職金で中古のマンションを買いましょう。しかも一括で」と瀬奈


「いや、退職金も600万円程ですので、とてもマンションなんて買えません」と秀子


「団地フルリノベーションというのをご存知ですか?」


「いや、知りません」


「簡単に言うと築30年〜50年経った団地の内装を最新式にリフォームしたものを指します」


「団地というと古い感じがするわね」と秀子



 こちらを御覧くださいとフルリノベーションした何枚かの写真を取り出した。


 どの写真にも最新式の内装が施されている。


「これがフルリノベーションです」と瀬奈が言った。

 
「おしゃれとだとは思いますわ、住んでみたいと思いますが、お高いのではないのですか?」


「退職金でマンションを一括購入出来ます」


こちらの資料を御覧ください。
 
 【東東京団地 2LDKで540万円】
○管理費月5000円、修繕積立金6500円
○5階建ての5階部分 
○バス・トイレ シャワー付き洗面化粧台、オートバス。温水洗浄便座、節水型トイレ
○キッチン システムキッチン、浄水器
○セキュリティ TVモニタ付インターホン
○室内設備 全居室収納、高速ネット対応、全居室フローリング、ウオークインクローゼット、BS・CS・CATV
○部屋の特徴 南向き、陽当り良好、最上階、ワイドバルコニー
○駐車・駐輪 平面駐車場、駐輪場、バイク置き場

 と書いてある。本当に秀子の退職金でも買えるマンションである。


これを見てポカンとしている秀子に瀬奈は


「村上さん、失礼ながら、あなたの年齢だとこれが住宅購入の最後のチャンスだと思います。このまま賃貸マンションに住み続けたら、一生働き続けなければならなくなる。


 70,80歳でも同じように働けますか?もしここで退職金で一括購入したら、あとは月々の管理費と修繕積立金だけです。どうですか?そんな暮らしに憧れませんか?もう無理して働く必要はないんです」


「少し、考えてみます・・・」


「そうですね。まあ住宅ローンは借りないですが、一括購入でも会社員のうちに契約はしておいた方が良いですよ、信用が違いますから、まあ不動産会社の人には貯金で一括で支払うという話をすれば問題はないはずです」
 
「そうですね。それも含めて検討します。ところで他の物件はどんなのがあるんですか?」


「そうですね。こんなのもありますよ」と言って揃えておいた10件ほどの資料を見せた。





 瀬奈の作戦勝ちだった。あらかじめ、おおよその退職金の額を調べておいて、その範囲内の物件を見繕っておいたのだった。


そしてあたかも不動産会社の社員のように


「この物件はいずれも人気物件なのですぐに埋まってしまうんですよ、実際に毎日、多くの人が内覧に来ています」というのを付け加えるのを忘れない瀬奈であった。



LINEノベルで全文が読めます。

                

人気ブログランキングに参加しています。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ



各種書籍販売中です。画像をクリックしていただくと詳細ページにリンクします。


給料そのままで「月5万円」節約作戦!!表紙