鑑定をする時、僕の場合、必ずと言っていいほどお祓いをする事になるんです。

まあ、理由は色々あるですが…。


そうなると、どうして霊の話になるんです。

そして話してみると、意外に皆さん、勘違いも多いようで…。



例えば、よくある質問で、
「私に憑いていた霊って、私の知ってる人ですか?」
って言うのがあります。

正直、それはまずない。
絶対ではないが、それはない…。


もし、そうだとしたら、僕の前に来た頃には、鑑定依頼の方はもっと凄い事になっていると思います。


それに、考えてみて下さい…。
あなたの周りで亡くなった方は何人ですか?

母方のおじいちゃんとおばあちゃん、それに本家のおじいちゃん、大阪のおじさんに姫路のおばちゃん。それと裏のじいちゃんに、昔よく行ってたラーメン屋の大将、噂で聞いたけど中学校の時の同級生…。
等々。


そして、その中でもあなたをよく知ってる方は?
そして、その中で、わざわざあなたに憑いてしまう方は…。


いると思う?

と、言う事です。



よっぽどな事がないと、その方も生前には、たくさんの知り合いも居ただろうし…。
わざわざあなたを選んで、取り憑くなんて…。

そうとう愛されてるか、それかかなり恨まれてるか…。



それになによりその方が、
成仏してない、
と言う事が前提に成ります。




ここまでの話だけでも、なんかややこしい…。

ですよね…。



でもお祓いされて、
「憑いてましたよ」
って言われたら、
「それって誰? 知ってる人?」
って聞きたくなりますよね…。

それもわかる…。




と、言う事で、

今回は、霊の話…。




と思ったんですが、

長い話になるので、

今回はこれまで…。



続きはまた…。

にします。