ゆふ接骨院ゆふ妻こっちゃん照れ
 

一般社団法人体力メンテナンス協会認定

バランスボールインストラクター

体力指導士・産後指導士

@知多郡東浦町・知多半島
 
一般社団法人日本快眠協会認定
おねむり認定講師・快眠体操指導士
 
田畑 真子(たばたちかこ)です爆笑
 
ゆふ接骨院HP/こっちゃんプロフィール /レッスンご予約・お問合せ

抱っこひもを使っているパパ、ママを見かけるとついつい気になってしまう抱っこひもの使い方。

抱っこひもの体に負担の少ない装着方法知っていますか?
説明書を読んだり、ネットで調べたり…



でも、見かける方の多くが、肩が痛そう、腰が痛そう…
と思ってしまいます。

そう。
とっても便利なアイテムなのに、装着の仕方次第で、体を苦痛にしてしまうものになります。

我が家は抱っこひもが1つ。
院長と私と兼用で使っているので、院長が使ったあとは調整が必ず必要。
この調整がうまくいかないと、子供の体重が前方にかかり、肩、背中、腰がすぐに痛くなります。
逆にうまく装着すれば、抱っこしたまま電車で名古屋へ行き、ショッピングをして、帰ってくることも可能です。
我が子はすでに10kgオーバーですが、ベビーカーをもって、エスカレーターやエレベーターのない駅を使うことを考えると抱っこがラクなのです。

では、どう装着したらいいのか?
私が所属する一般社団法人体力メンテナンス協会の理事が抱っこひもの装着方法についてコラムを書かれていますので、記事をシェアします。


ぜひ、ご自身の抱っこひもの使い方を見直してみてくださいね。
私のバランスボールレッスンや産後トータルケアクラス、来院時にお店いた際には聞いてみてくださいね!!




予約・お問合せはメッセージください♡
2日経っても返信がない場合は、再度ご連絡ください。

ご予約・お問合せ方法
レッスンご予約・お問合せフォームから
⭕メール:yousekkotsuin@gmail.com
公式LINEアカウント友達登録から下矢印
(レッスン日程先行配信)
※ご登録できない場合は@vua6168xで検索してみてください。


ゆふ接骨院公式LINEトークから1:1のやりとりでお問い合わせ・ご予約可能です。