中部浄化センター 見学会がありました。 | yousei0586のブログ

yousei0586のブログ

ブログの説明を入力します。

令和元年6月25日に、養老小学校4年生77名の施設見学がありました。

 

 

施設見学の前に模型による下水道施設の水の流れを説明した後に、顕微鏡で微生物の観察を行いました。

汚水が、微生物により綺麗になる過程を見て驚いていました。

 

 

 

 

施設内の汚水の流れを説明した後、実際に施設を歩き、見て回りました。 最初は地下10メートルの流入棟です。

日常生活では嗅いだことの無い臭いに鼻をつまむ子どもらも…

 

 

 

日差しが強い中、オキシデーションディッチでは水の色と臭いの変わっていく過程を興味深く観察していました。

 

 

 

最終沈殿池では、汚泥が沈み、上澄水が透明になっていることに驚いていました。

 

 

 

 

放流先から、新川→余川→金草川→牧田川→揖斐川を介して、伊勢湾と流れていきます。

 

 

 

不要になった汚泥は脱水機によって絞られた後、炭化施設に運搬し、乾燥炭化処理され肥料化されるんですよ。

 

 

 

見学会の最後は質問コーナー!

微生物に興味を持った子ども達からレベルの高い質問にタジタジでした…

 

 

児童の皆さん、見学ありがとうございました。