『また明日とか!』

エロゲのレビューを書こう、そう思っていた時期が私にもありました


テーマ:
<評価:
※Dies iraeファンの方は閲覧注意です・・・。今回の記事はただの愚痴です。



えーなんだかなあ
正直私にはあまり合わなかったし、面白いとも感じなかった
むしろどちらかというとクッソつまらん・・・
つまらないです
あえて、light所属シナリオライター正田崇氏の「怒りの日事件」については
何も触れるつもりはありません、あえてね。


  ∩∩仲 間 が い っ ぱ い ! 僕 ら の 詐 欺 は こ れ か ら さ !V∩
  (7ヌ)                                               (/ /
 / /                  ∧_∧            ∧_∧             ||
/ /  ∧_∧     ∧_∧  _( `*´ )   ∧_∧ ._(´∀` )    ∧_∧  ||
\ \( `*´ )ー‐--( ´ω` ) ̄        ⌒(´∀` ) ̄    早   ⌒`(´∀` ) //
  \   G   /⌒  上 ⌒ ̄ヽ  服   /~⌒  カ  ⌒ ̄ヽ、 狩. /~⌒   リ ⌒ /
  |  ユ  |ー、   野  / ̄| 部  //`i  ズ    / ̄|.  武 //`i   バ  /
   |  ウ   | |  研 /  (ミ 道  ミ) |  タ    /  (ミ 志 ミ)  |  原 |
   | ス  | |  太  | /  知   \ | シ   |  /  く   \ |  あ |
   |  ケ |  ) 郎  /   /\.   \| . ン /   /\    \|  き  ヽ
   /   ω | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ヤ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |
   |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |   / レ    \`ー ' |  |  /ヽ




あー、内容の話ね内容内容・・・

正直に言うと、5回積んだうえに、プレイ時間1か月かかった


というか、テンポが悪すぎる


冬の日本を舞台にしており、
ナチス・ドイツにより生み出された魔導兵器「聖遺物」を操る者たちの死闘を描いた伝奇バトルアドベンチャーゲームで密接に作り込まれている世界観で厨ニ的描写、世界観にあったグラフィックやBGM、演出、設定は違和感も特になくて、よく作り込まれているなあという次第


世界観と厨ニ心をくすぐらせる設定はよいと思った


でもさ・・・
こいつら、戦闘中喋りすぎなんだよ
こういう厨ニ的設定って戦闘描写のための基盤だろ?
なのに、その重要な戦闘描写が只々、くどいだけっていう
しかも、CGの使い回しのせいで、中盤、終盤と段々だれてくる・・・。
もう最初からだれていた私は5回積み、1か月という時間で嫌々クリアしたほどだ
あと、このゲームの戦闘シーンの結末って殆どが、最後は中途半端に第三者の手で終わらせられる
形成さん・・・いやシュピーネも結局クリストフにやられたしな
ルサルカも創造SUGEEEEEEEEEEE!!!主人公どうやって倒すのwwwwと思ったときに螢に中途半端に殺されるっていうね・・・つまんね
というかルサルカの扱いが酷すぎるぜ
殆どの√で悲惨な目にあってるじゃねーかww

あとラインハルトとかマリィ√のみしか主人公の手によって斃されてないしな
螢√は色々と酷過ぎた・・・それについても後で記述するとして。


だから戦闘モノにある爽快感がまったくなく、あるのはただ、虚無感、後味の悪さだけ
正直、ストレスがたまっただけだった


・主人公より主人公らしい
・もう主人公空気じゃね?
って感じで主人公の存在感を蹂躙する親友の司狼クン・・・こいつマジで一般人のくせに強すぎじゃね・・・?シュライバー曰く、病気がどうのこうのとか言ってたけど、いやいやいやww
流石に仮にも「白騎士(アルベド)」の称号を持つ三騎士のシュライバーの攻撃を主人公と螢から救うほどの反射神経とかオイwww天才肌がどうのこうのってレベルじゃねーぞ




あと気になったところをいくつか
・CGの使い回し
どの√でもCGが使いまわされてもう燃えることができないよね、クリストフが髪をかきあげるCGとかラインハルトがご満悦な顔で椅子に座ってるCGとかどんだけ見なきゃいけないんだよwwスゲー手抜き感が否めなかったです

・ラインハルトの凄さが分からない
fateのギルガメッシュなんかは自分から戦場に出向いて、ゲート・オブ・バビロンでキャスターを殺したりと、ギル様TUEEEEEEEEEEEとかなったりしたけどラインハルト・・・
文章で、ラインハルト様は無敵だー!
あの人に勝てる人なんかいるの?
え?主人公さんその程度で我らの黒円卓第1位に勝てるの?(笑)
とか神であるかのように説明されてるけど、最終的にマリィ√で主人公に・・・
他の√もなんやかんやだしね
もうちょっとラインハルト、町の一部とか適当に破壊して凄いところ見せといたほうがよかったんじゃなイカ?
ホント、強さがどれくらいか曖昧だからさ・・・

・キャラクターの名前が覚えにくい
マジでこれイラつくんだが
特に黒円卓の皆さんの名前が凄く・・・覚えにくいです・・・
1人のキャラクターにつき、他の名称で呼称されるからスゲー分かりにくいだよ
ドイツ人だし、特にメリクリウスだよこいつマジで氏ね
様々な名称があるとかそんな設定いらねーよ氏ね
カールって誰だっけ・・・ああメリクリウスか
もう途中から公式HPのキャラクター紹介のページ見ながらゲーム進行してたわ
中盤らへんでやっと把握できたけどな


・主人公に華がない
先程も記述した通りに主人公の親友の司狼によって存在を蹂躙されている上に
主人公スゲー青臭いんだよな、ガキっぽくて。
シュピーネに訳知り顔で話すときの描写がスゲーウザかった。
主人公とか序盤と終盤で性格変わりすぎだろ・・・ライター改変しすぎ
メインライターが逃げ出しちゃったからかな?




個別√も書きます
・香純ルート
このヒロイン本当に人気ないよね・・・
他√でメリクリウスとの取引で香純結婚して子供を作ったんだけどDiesのスレとか該当しそうなワードで検索かけてみたけれど、まったく荒れてなかったしね・・・
あとこの√は伏線が回収されるに終了したし、ただのつまらないBAD ENDじゃね?


・マリィルート
これが一番・・・TRUE ENDっぽいです・・・
この√でしか主人公はラインハルトを自分の手でしか殺せません
登場人物殆ど死んだけどな!
シュピーネに犯されるifSTORYがあるFDとか想像してなんか興奮してました
この√やってるときずっとね


・螢ルート
こいつ玲愛ルートのとき、顔面ぶっ刺されて死んでたシーンなかった?
ひでえwww√によって差がひでえwww
でもクスッと笑ってしまいました
しかし、伏線回収は予想通り、殆ど行われませんでした
ベアトリスと螢の話がメインで、他のキャラクターはほぼ空気と化していました
エレオノーレと螢の戦闘はまあ案の定、お喋りばかりでしたけど
個人的にはエレオノーレがかっこよくて好きだったのでよかったです
螢「その歳で心まで処女だなんて、終わってるのよッ――!」
名言すぎるwww喪女板いけwwww
でもこいつらその後二十年以上も戦い続けてるんだよな・・・?
一般人からしたら「こいつら、こんな歳にもなって厨ニ病かよ・・・きめえ・・・」とか思われてるんだろうなあと思った俺はこのゲームは向いてないなあと。


・玲愛ルート
この√が最も戦闘描写が豊富で、見応えもありました
だけど主人公も玲愛も案の定空気、蚊帳の外で
黒円卓同士の戦闘がメインだった気がします
しかも最後はラインハルトVSメルクリウスとの戦闘で締めくくられるって・・・
このゲームって主人公マジで空気だよね
全然かっこよくないよね主人公
例えばさ、蓮VSヴィルヘルムの力を奪った司狼っていうマッチがあって戦うんだけど、聖遺物を使わずに殴り合いの肉弾戦だから正直あまり印象に残らないし、主人公は勝利したけど、
司狼が結局、銃で自殺してスワスチカを開くってかっこいい描写に持って行かれたしね
もう司狼が主人公でよくねーか
オチも微妙だったし、最後のCGとか感動もクソもなかった
ただ蓮にとっての自滅因子であるという司狼が報われなさすぎてって感情しかなかった・・・






ふう・・・結論的に私的にはまったく楽しませんでした
批評空間で85点という点数でしたが、やはり批評空間は
あてにならないなーということを改めて自覚しました
ただ肌が合わなかっただけの気もしますがね
あと自慰ユウスケの絵が好きじゃないんだよなー。それにこのゲームの雰囲気に合ってない気もしましたし・・・おそらく私だけでしょうが
というか自慰ユウスケの描く絵って可愛くないし、魅力がない
エレオノーレぐらいしかかっこいいのいなかった




えーこのゲームを買うにあたっては体験版をプレイしてからの方が絶対にいいと思います。
体験版をプレイしてみて面白いなーと思ったらそのままGOです
だけど退屈だな・・・と思った方は買わない方がいいです
正直ストレスが溜まるだけです
難解な部分も多く、キャラ名を覚えるのも一苦労ですから


やっぱDiesつまらなかったってことは続編(?)の
神咒神威神楽も等しくカスなんだろうなーと思うとやる気が出てこない・・・







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

いさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。