朝会終了‼ | YBのブログ ――幸福の科学 学生部&青年部
2010-09-04 10:32:11

朝会終了‼

テーマ:ブログ
本日も、たのしく朝会をやりました~ドキドキ

photo:01



テーマは、「キケロの政治哲学」ひらめき電球
これ、講義がはじまる前の風景ビックリマーク


photo:02

何を話してると思いますはてなマーク

紺色のシャツをきてるYUKIが持ってるのは、キケロについての著書なんですが、
みんなで、その頃の政治家たちの写真をみて、誰がかっこいいか、話してました汗

その後、みんながあつまってきて、講義をスタートアップ


photo:05

みなさん、キケロって知ってますかはてなマーク
以下、大川隆法総裁『黄金の法』でキケロについて書かれている箇所ですメモ


-------------------------------
p.86

ここでは、「永遠のローマ」と言われた西ローマ帝国の滅亡までの真理の歴史を概観してみようと思います。
この地に生まれた初期の哲学者として、キケロ(紀元前106年-同43年)という人がおります。キケロは、共和制時代最期の代表的人物です。プラントンにならって、『法律論』『国家論』『義務論』などを対話で書いています。ギリシャのストア学派ゼノン(紀元前336年-同264年)のストイシズムの哲学の影響を受けて、自然法でもって実定法を批判しつつ、平等の思想を強く打ち出した人でもあります。
--------------------------------



この数行の内容を、みなとゆうこちゃんをはじめとするHS政経塾の皆様は、本当にわかりやすく解説してもらうことができましたベル


YBのブログ  ――幸福の科学 学生部&青年部



キケロの自然法は歴史的にみても、超重要とのこと宝石白


「自然法」と、批判した「実定法」って何!?

って感じですよね~みんなそんな感じでしたDASH!



photo:06


これ、「法哲学」のコトバらしいんですが、

「実定法」というのが、いわゆる、文章にされた法律のことです目

「自然法」というのは、法律に書いていなくても、

みんなの良心がダメと思うこと、イイと思うこと、

その共通の善悪の価値観が本来の世界のルールなんだというような感じらしいですアップ

宗教立国の可能性が見えてくる、重要な政治哲学思想とのこと虹


すっごくおもしろくて、わかりやすかったとの感想が多かったですよー晴れ

感想はコチラ↓

基本的に、注目ビックニュースがある週は時事問題

ないときは政治思想シリーズをやっていくことにします音譜

ぜひ、みなさまもお越しくださいねチョキ






YBさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス